ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)

日本初! ロンドン大学の学位を取得できる国際的プログラム  いつものキャンパスで世界レベルの経済学を

国際教養学部EM専攻の新入生全員がPDPに挑戦できます。学生はまず1年次の4 ~7月の間、授業や海外もしくは国内における英語研修で英語力を鍛えます。その後IELTSを受験し、スコア5.5以上を取得できた学生は、9月からロンドン大学のIFP(基礎教育プログラム)科目を4科目履修します。IFPの期末試験に合格すると、2年次の9月からBSc(専門教育プログラム)の履修が可能となり、3年間で12科目を学び、毎年の試験に合格すれば、ロンドン大学の経済経営学士号を取得できます。これらの科目は武蔵大学の教員によって英語で講義され、武蔵大学の学位の単位としても認められます。なお、成績に応じて、ロンドン大学の受講や英語研修にかかる費用については奨学金を用意する予定です。

学位取得までの流れ

約4年と1カ月の間日本で学び、武蔵大学とロンドン大学の学位取得をめざします。授業はすべて少人数クラスで行うため、1人1人が積極的に授業における議論に参加することを通じて、深く理解しながら学び進めることができます。
学位取得までの流れ

ロンドン大学とは?

ロンドン大学
ロンドン大学は、18のカレッジと9つの研究機関により構成される世界レベルの総合大学です。日本でも有名なロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)も、ロンドン大学を構成するカレッジのひとつです。
PDPは、武蔵大学に通いながらロンドン大学のBScを並行履修し、両大学の学士号を取得できる制度です。ロンドン大学およびLSEが、授業内容の質を管理。ロンドン大学・LSEの提供する授業概要に沿って武蔵大学の教員が、英語で丁寧に講義します。