ゼミ一覧

海老原崇ゼミ

ビジネスゲームで学ぶ会計学

このゼミでは、精密機械を製造する企業の経営をシミュレートするビジネスゲームを通じ、財務諸表の作成と財務諸表情報に基づく経営意思決定を行うことで、会計学のエッセンスを学んでいきます。経営の成果を発表する株主総会も行い、プレゼン技法の習得もめざします。

大野早苗ゼミ

為替レートや海外経済をみながら国際分散投資を考える

2、3年生合同でゼミを行います。為替レートの決定メカニズムや国際経済、各種マーケットの状況を学びつつ、国際分散投資の意義について考察します。この成果は他大学との合同発表会やゼミ大会で報告するとともに、英語でのプレゼンテーションにも挑戦します。

神楽岡優昌ゼミ

デリバティブの価格評価モデルをRやExcelで実装

オプションと呼ばれるデリバティブ(金融派生商品)の理論価格を計算します。評価モデルはブラック、 ショールズ、マートンによって開発され、 彼らはノーベル賞を受賞しました。理論価格はRやExcelで計算可能で、統計分析やプログラミング技法も習得します。

茶野努ゼミ

金融機関経営、ERM(統合リスク管理)に関する実践的研究

RIS(全国二十数大学が参加するインターゼミ)や学内ゼミ大会に向けて研究を行います。「日本人は株主優待が好きか?」「女性活用やワークライフバランスが労働生産性に及ぼす影響」「健康経営が企業利益に与える影響」「コロナの経済的影響」など多様なテーマで発表を行いました。

徳永俊史ゼミ

ファイナンス理論に基づき実在する企業の経営を評価する

卒業後にファイナンスを勉強したと自信を持っていえること、その知識を仕事や日常生活で活用できることをめざします。これまで扱ったテーマの例として、社長の履歴書、福利厚生戦略、余剰資金の使い方などと企業価値の関係についてファイナンスの視点から評価しました。

豊田俊一ゼミ

企業会計の争点を取り上げ、その本質に迫る

投資意思決定の本質に対する理解を踏まえ,資本市場を有効に機能させるインフラとしての企業会計のあり方を考えていきます。授業では,国際的に大きな議論が巻き起こった企業会計の重要な論争点を取り上げ,深く掘り下げたディスカッションを重ねていきます。

吉田真理子ゼミ

異次元金融緩和政策の理論分析

ゼミで勉強しているテーマは、2013年以降日銀が行なっている異次元金融緩和政策のマクロ経済効果です。今年度のゼミでは、金融緩和政策に物価を押し上げる効果、すなわちデフレ脱却効果があるのかについて質的効果と量的効果の二つの側面から理論的に分析しています。

小川俊明ゼミ

金融産業の課題を分析し、今後の可能性について考える

わが国の金融産業は、長期低成長といった実体経済面、金融政策や規制といった政策面等の困難に直面しています。一方で、技術進歩を背景に、FinTech等の新たな可能性もみえています。本ゼミでは、金融産業が抱える課題を分析・把握し、今後の進むべき道筋について考察していきます。

中嶋幹ゼミ

企業価値分析を通じてガバナンスやESGの意義を学ぶ

本ゼミでは、企業価値研究を通じて、日本企業の課題であるガバナンスやESG(環境・社会・ガバナンス)の重要性を学んでいきます。実際のデータを扱った分析に取り組むことで、社会に出てからも通用する思考力や分析力を身につけます。

蓮見亮ゼミ

経済・社会の変革を見定め、新たな価値観を構築する

現在の経済・社会は、新型コロナウイルス感染症の拡大という未曾有の事態により、否応なしに変革を迫られています。このゼミナールでは、経済学の視点から経済社会情勢を分析し、その変化に対し私たちがどのような対応を取りうるのかについて考えていきます。