ゼミ一覧

伊藤成康ゼミ

現代日本経済の課題について考える

マクロ経済学・ミクロ経済学の応用という観点から、日本経済の長期的課題について考察します。少子高齢化、財政再建、環境・資源制約、グローバル競争への適応などの具体的なテーマに関して、さまざまな分析ツールを使って検討します。

今井英彦ゼミ

Rによるデータサイエンス入門

さまざまな分野で「データサイエンス力」を身につけた人材の養成が急務となっています。このゼミでは、データサイエンティスト必携ツールとも呼ばれている「R」という統計ソフトを使いながら、データに基づく問題発見・解決のスキルを初歩から身につけていきます。

河合康夫ゼミ

家族から考える経済と歴史

家族をキーワードに順番に発表し、少人数に分かれてディスカッションします。家族や子どもの数の変化と経済の変化の関係、日本の家族制度と西欧の家族制度の違いや、その歴史的背景などについて学んでいきます。

清水敦ゼミ

雇用と労働について考える

日本の雇用と労働のあり方は、近年大きく変わり、またさまざまな課題を抱えています。このゼミでは、雇用と労働の現状を具体的に知ることから始め、何がどのように問題となっているのか、そして課題の解決のためにはどのような方策が必要となるかを議論し、考えていきます。

攝津斉彦ゼミ

経済学のツールを用いた実証分析

 サッカーなどのスポーツ、クラウドファンディング、ホテル経営など、自分の関心に沿ってテーマを決め、データ分析に基づいた独自の主張を卒業論文にまとめる準備をします。具体的には2年次に基礎文献を輪読し、3年次には統計ソフトStataの使い方を学ぶ予定です

田中健太ゼミ

社会のさまざまな問題の経済学的実証分析

計量経済学的な手法を中心に、効果的な社会問題の解決策について分析します。これまでこのゼミでは、地方活性化のための観光政策や節電のための政策取り組みをはじめとしたエネルギー利用に関する問題など、実社会で重要なさまざまなテーマをグループ別に分析しました。

二階堂有子ゼミ

アジア新興国経済の現状と経済発展プロセスを理解する

 このゼミでは、グローバル化の進行とともに、生産拠点ばかりでなく消費市場としても注目を集めているアジア新興国について学びます。これまで扱った研究テーマとしては、女性の就学率向上や衛生設備の改善、情報通信技術の普及が新興国経済に与える影響などがあります。

広田啓朗ゼミ

国・地方の公共政策にかかわる実証的財政分析

国・地方公共団体の公共政策にかかわる財政問題を、経済学の実証的な分析ツールを用いながら考察します。人口減少時代における地方財政のあり方について論文を作成し、学内外の論文大会にて発表します。

古村聖ゼミ

インセンティブという視点で労働問題と政策について考える

経済学は、インセンティブに基づく学問です。労働や雇用の問題を解決するためには、人々がなぜ働き、企業はなぜ雇用するのかというインセンティブを考える必要があります。本ゼミナールでは、労働問題と政策についてインセンティブという視点で理論と実証の両面から考えます。

笠松怜史ゼミ

ゲーム理論で読み解く現代政治経済現象

「社会における複数主体が関わる行動の相互依存的状況(戦略的状況)を分析するツール」であるゲーム理論を用いて、身近な社会現象の背後にあるメカニズムを解明する方法を学んでいきます。