カリキュラム

文化研究と外国語学習の二本柱でヨーロッパ文化を総合的に学ぶ

フランスやドイツを中心に、広くヨーロッパ世界の文化や現象について、EU統合といっ充実した語学の学習はもちろん、文学・歴史・思想・芸術・生活文化など多彩な授業が皆さんを待っています。現地実習や留学なども生かし、国際人となる素養を磨いていきましょう。

ヨーロッパ文化学科カリキュラム

ヨーロッパ文化学科カリキュラム

コース概要

※2年次から各コースに分かれます。どのコースに所属しても本学科のすべての講義・ゼミナール科目を履修できます。

言語と文学コース

ギリシア・ラテン語学、フランス語学、ドイツ語学からヨーロッパ各地の伝統的な文学、現代文学、日欧比較文学まで、ヨーロッパの言語と文学に関する幅広い学びが可能です。

芸術と生活コース

ヨーロッパの古い名画や美しい建築物、音楽、音響、映画、モダン・アートなどが研究の対象です。ヨーロッパの“日常”と生活文化に注目した授業もあります。

歴史と思想コース

古代から中世、近現代のヨーロッパの歴史について、他地域との交流なども含めて学びます。神話や伝説、思想・宗教(キリスト教)などに注目した学びもできます。

環境と社会コース

古代から現代まで、ヨーロッパ社会全体にかかわる諸問題について学びます。北欧・地中海などの地域研究や、自然環境と文化のかかわりを考える授業もあります。

英語強化クラス

 2022年度から、英語強化クラスが設置されます。ドイツ語・フランス語を学びながら、英語力も高めていきます。1・2年次にドイツ語・フランス語を週2コマ、英語を週3コマ学びます。またGC英語プログラムも用意されています。