人文学部の概要

人文学部とは

それぞれの地域の文化と言語を学び、複眼的な視野と世界に羽ばたく力を

人やモノ、情報などが国境を越えて行き交う現代社会では、グローバル化は豊かさをもたらすと同時に、対立や摩擦を引き起こしています。こうした問題を解決するには、互いの文化を尊重し、共生の努力を積み重ねる必要があります。異文化との対話を重んじる人文学部の学びは 「 なぜ、どのように歴史が動き、文化が定着したか」をひとつの物語として総合的に理解する教養と知性を与え、現代の文化と社会に対する正しい認識と、課題解決の力を獲得させてくれるでしょう。
異文化との対話は、さまざまな文化に関心を持つことから始まります。人文学部では、英語圏、ヨーロッパ、日本・東アジアの各文化を理解し、対象地域の言語を確実に身につけることを第一の目標にしています。現地で文化と言語を学ぶ短期・長期の留学を奨励しているのもそのためです。
また「グローバル・スタディーズコース」は、これまでの人文学部の取り組みを一層充実させた特訓プログラムです。身につけてほしいのは、グローバル市民として世界に羽ばたく力です。
Think and act as global citizens!

学部 KEY WORD

外国語、比較、交流、アメリカ、留学、芸能、方言、祭礼、国際、芸術、歴史、哲学、思想、宗教、日本、ヨーロッパ、民俗、翻訳、文学、古典、神話、コミュニケーション

4年間で、こんな力が身につきます

  • 的確なコミュニケーションができる実践的な語学力
  • 多様な考えを尊重し、異文化を理解する力
  • 歴史に学び古典との対話を現代に生かす力
  • 日本の文化や言葉を国際的な視野に立って考える力
  • 事象の背景を深く読み解く分析力と思考力

資格取得・主な就職先

教育研究上の目的とポリシー