授業紹介

金融論

金融学科の最も基本的な講義科目です。おカネ(貨幣)の種類、機能、保有動機などを理解した上で、日本の金融制度・システムについて詳しく学びます。貨幣の需要と供給を通して、金利・物価と実体経済(モノ、サービスの生産、流通)の相互関係も考察します。

投資政策論

資産運用の実務に携わるファンド・マネージャーや企業の財務担当者が株式や債券、派生証券といった金融資産の運用や資金調達にあたり、どのような意思決定を行うのかについて考察します。証券アナリスト資格取得の必須科目です。

金融機関経営論

戦後の金融システムや金融機関の行動原理の変化を金融制度改革の流れとあわせて考察します。そして、我が国の金融システムが抱える問題と将来の方向性について学びます。

ファイナンス

私たち個人や家族、さらには企業が直面するお金に関する意思決定について考えます。お金の価値と時間の関係、資産価格の評価、リスク管理が具体的なテーマです。

証券市場論

ファイナンスに関する意思決定を実行する場所である証券市場(株式市場、債券市場、派生証券市場を含む)の仕組み・役割・市場参加者の行動について考察します。

国際ファイナンス

国際的な資金の流れや国際分散投資について考察します。国内投資と異なり、対外投資では為替戦略が求められるため、為替レート決定や為替リスク、外為市場の現状についても取り上げます。

金融統計

日々変化する金融商品の価格や利子率は、金融・証券市場の動向を理解するための重要なデータです。この講義ではデータ分析に必要なファイナンスの数理と確率・統計の基礎について解説します。また、公表データを用いて情報処理の技法を習得することもねらいです。

財務報告論

証券アナリスト第1次レベル試験科目の1つである「財務分析」の試験範囲を学習します。学習内容は、日商簿記検定1級の範囲から財務諸表分析や企業評価に至るまで多岐にわたります。

金融法

企業が事業活動に必要な資金をスムーズに調達できることは、国民経済の発展にとって不可欠の条件です。円滑な企業金融を実現するための法規制(会社法や金融商品取引法)を取り上げて、法目的の実現という観点から、規制の必要性と合理性を確認します。