日本・東アジア文化学科

日本・東アジア文化学科

学科のポイント

POINT1

躍動するアジアの視野から日本を複眼的に学ぶ

日本文化コース、東アジア文化コース、比較・交流文化コース、グローバル・スタディーズコース※の4つのコースから選択できます。コースの垣根は低く、他コースの講義や演習も履修が可能。東アジアの視点から日本文化を複眼的かつ国際的に学びます。
※GSC(英語プログラム)のみ独自のカリキュラムのもとで学びます。

POINT2

独自の3つの切り口からテーマを深める

【ことば・文学・思想】【芸術・身体・環境】【歴史・民俗・宗教】の3つの分野に、方法論と地域研究を組み合わせた授業を展開。少人数のゼミで一人ひとりに徹底した研究指導を行うことで、それぞれが掲げたテーマについて知識を深めることができます。

POINT3

東アジアでの海外実習と日本でのフィールドワーク

中国・台湾・韓国の大学への留学を推奨しています。現地の徹底した実践教育により語学力を磨き、知識を深めます。また、国内ではゼミでのフィールドワークで各地域や史跡を歩き、歴史の息吹を感じることで古文書など文字資料の行間を想像できる力を養います。

POINT4

グローバル・スタディーズコース(GSC)も選択可能

高度な語学力の養成に重点を置いた3つのプログラム(中国語 / 韓国・朝鮮語 / 英語)が用意されています。「中国語プログラム」「韓国・朝鮮語プログラム」では、各言語の集中的なトレーニングを受け、海外留学や語学資格試験での高得点をめざします。