社会学部の概要

社会学部とは

グローバル社会の多様な社会現象や問題に向き合い、実態に切り込む

社会のさまざまな課題に正面から向き合い、問題意識を持って調べ、分析すること。調査結果や自分の見解をメディアを通して発信するスキルを身につけること。 社会学部ではこの2つの軸を中心に、社会学科とメディア社会学科を置いています。少子高齢化が進む現代の日本では福祉の重要性が高まり、東日本大震災以降は地域力の強化も叫ばれています。社会学はつねに変化する社会の現実にふれ、その実態に切り込むための多様な手段を学ぶ学問なのです。
2017年度にはグローバル・データサイエンスコース(GDS)開設に伴い、社会学部のカリキュラムを一新。すべてのコースでこれからの社会に要求される「社会分析の方法論」を豊富な科目群を通じて学びます。分析の対象は社会に存在するものすべて。アンケート調査やフィールドワーク、テレビ番組や雑誌などの内容分析といった多様な調査方法とデータの分析により、社会や人間、集団の姿を浮き彫りにします。GDSコースでは、海外現地実習や留学など学外での学びを必修とし、自ら考え、世界に雄飛する力を身につけます。

学部 KEY WORD

ポップカルチャー、格差、産業、地域、労働、集団、観光、音楽、政治、社会問題、ニュース、SNS、情報、マスコミ、CM、広報、アイデンティティ、ボランティア、広告、マンガ、環境、ジェンダー、社会調査、家族、福祉、ドキュメンタリー、国際化、ビッグデータ 

4年間で、こんな力が身につきます

  • 社会のあらゆる事象に興味をもち問題を発見する力
  • 情報やデータを収集し的確に分析する力
  • 常識や思い込みにとらわれず、新たな価値を生み出す力
  • 自分を生かして社会に貢献する力
  • マイノリティの立場を理解し社会全体を見渡す力

資格取得・主な就職先

教育研究上の目的とポリシー