ゼミ一覧

漆澤その子ゼミ

日本の芸能文化について考える

このゼミでは、さまざまな時代の芸能を通して人々が何を面白いと感じ、楽しんでいたのかを探ることをめざします。具体的には、能や歌舞伎といった伝統芸能からミュージカルをはじめとする現代の芸能まで、各自が興味関心のあるテーマを設定し検証を重ねていきます。

小川栄一ゼミ

中世語と日本伝来 イソップ寓話集の研究

キリシタンが翻訳した『エソポのハブラス』と『国字本伊曽保物語』を比較し、中世語の特徴とイソップ寓話の受容をについて研究します。これまで扱ったテーマの例として、「3本の矢の教え」の起源がイソップ寓話にあるという説を検証しました。

黒岩高ゼミ

研究論文の分析と外国語資料(伝統中国文)の読解

研究論文の分析と、外国語資料の読解を通じてアジアの歴史を学ぶとともに、卒論作成に必要な能力を養います。研究論文は主として日本語のものを扱い、外国語資料については、伝統中国文で書かれた、清代後期(18世紀半ば~19世紀)の武将や官僚の伝記を取り上げてきました。

福田武史ゼミ

東アジアのなかの古代日本文学という視点からテクストを読む

ふんわりとした知識を学ぶのではなく、テクストと真正面に向き合ってそれを読み解くことをめざします。テクストが誕生した時代・地域の人々がどのようにリテラシーと教養を獲得したのかという点に注目し、その人々の学習のありようを追体験しながらテクストを読みます。

福原敏男ゼミ

絵画資料と民俗学 仮装行列と踊り

幕末の京都と大坂のイベント、神社遷宮行事や河川浚渫事業において、街中の人たちが祭りや作業に言寄せて仮装行列で踊り狂いました。その様子をつぶさに描いた錦絵や瓦版などの絵画資料を読み解き、当時の人々の信仰やプレゼンテーションについて学びます。

丸山伸彦ゼミ

服飾を通じて「もの」の調査・研究手法を学ぶ

文様や流行、装身、美術性、工芸性、異装性など、服飾にかかわるテーマを選び、レジュメ制作、発表、質疑応答の要点を確認しつつ、卒業論文の基礎となる論考としてまとめ上げていきます。

水口拓寿ゼミ

漢文の壁を越えて

古典漢文で綴られた「思想」の言葉を、一緒に読み解きましょう。漢文という壁は高いことで有名ですから、このゼミは皆さんの時間と労力を大いに消費します。しかし、壁の向こうに身を乗り出すことができた瞬間、皆さんはきっと、このゼミから離れられなくなっているでしょう。

桃崎有一郎ゼミ

中世日本を中心として歴史・文化の諸問題を探究する

 中世日本を中心に、時代的には古代~戦国・織豊期まで、地理的には東アジア世界までを視野に入れて、歴史・文化に関する諸問題を探究し、卒業論文執筆に要する能力を養います。和様漢文の原史料を読み解き、関連文献も参照しながら、当時の社会の実相と思考様式に迫ります。

渡辺直紀ゼミ

韓国・朝鮮の〈いま〉をキャッチする

韓国・朝鮮の文化に関する基本文献を読み、互いに問題点を探し出して討論する授業です。また、個人研究も同時にやってもらっています。テーマの選定や文献調査、原稿の整理など、卒論の予行演習のような作業になります。

戸塚学ゼミ

日本の現代の文学作品を読む

明治から昭和の文学作品を精読するゼミです。ストーリーだけでなく語りの特徴や言葉の使い方の工夫に注目して問いを立て、作品の豊かさを引き出す読み方を学びます。第三の新人、内向の世代など、時代やテーマを決めてそれに沿った作品を集中して読んでいきます。

村山絵美ゼミ

琉球・沖縄の歴史と文化をさぐる

日本本土とは異なる歴史的背景を持つ琉球・沖縄を視点として、歴史や文化について考えます。このゼミでは、沖縄の生活文化に関する文献をテキストとして、沖縄の民俗宗教や文化、歴史について検討します。