経済学部の概要

経済学部とは

変化する社会で真に役立つ、経済の基本と「自ら考える力」を身につける

つねに変化する社会で活躍できる真の力を身につけるためには、経済学・経営学・金融論の基本をしっかり学び、理解することが重要です。これらは将来、皆さんが新しい問題に直面したとき、それを解決するための土台となってくれることでしょう。そして、さらに大切なのは「自ら考える力」を身につけること。知識をただ詰め込むのではなく、積極的に考え、ほかの人の意見を聞いて協働し、自分の考えを明確に伝えて行動する。「ゼミナール」での実践的な学びを通じて培った力は、実社会で必ず生きるはずです。
経済学部では、ゼミと連動し、相互に関連する講義科目からなるコース制を導入しています。1年次のゼミで大学で学ぶための基本知識とノウハウを学び、2年次からは自ら選択したコースに所属して、多様に展開する講義科目で知識を広げながら、ゼミで学びたいテーマを追究していきます。また、所属学科にとらわれずにコースやゼミを選択でき、学びに応じて明確になる関心に十分対応できるカリキュラムを組んでいます。

学部 KEY WORD

イノベーション、マーケティング、企業、為替、円高、データベース、政策、 財政、IT、消費税、リスク、統計、会計、株、景気、年金、ビジネス、 組織、ファイナンス、経営戦略

4年間で、こんな力が身につきます

  • 経済・経営・金融の専門知識を社会で応用できる力
  • 自ら情報を収集して分析し、課題解決に結びつけるカ
  • 他者と協働し物事を率先して進めるリーダーシップ
  • 人とともに考えて答えを導き出し実践できる力
  • 自分の意見をもち相手にわかりやすく伝える力

資格取得・主な就職先

教育研究上の目的とポリシー