グローバルスタディーズ専攻

グローバルスタディーズ専攻

グローバル社会を批判的に捉え、新たなつながりを自ら構築する。

グローバルスタディーズとは、世界のつながりをその中心的な問題とする学問です。新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行は、一見遠く異なる世界に存在するかのように見える人びとと自分たちの生活がいかに密接な関係にあるかということに対して恐怖を駆り立てたかもしれません。しかし、それは一方で、このような世界的な危機に取り組むことは地球に住むすべての人びととの共同の責任であるという意味で、言語と文化の分断を超えるコミュニケーションと協働の重要性をむしろ明るみに出す出来事でもありました。新型コロナウイルスによって経済のグローバリゼーションは減速したとはいえ、人びと、もの、そして知識のネットワークを通じて、今日の世界はなお深く相互につながりあっています。Black Lives Matterや#MeTooのような社会運動の急速な広がりは、人種やジェンダーの課題が、階級、セクシュアリティ、環境、そして社会正義に関する諸問題と交差しつつ、国境を越えて人びとの新たな紐帯やアイデンティティの形成を促しながら、社会や文化の違いを越えて共振することを示しています。これまでの序列や主流と考えられてきた知識のあり方に疑問を投げかけつつ、社会を変えてゆく力を生み出しながら、世界中の作家やアーティストがともにさまざまなメディアを駆使してこのような潮流をつくりあげようとしてきています。グローバリゼーションに伴う諸問題は、政治家や外交官によってのみ解決されるものではありません。むしろ、社会の制度と社会変容は互いに積極的につながり自らの国のみならず世界の市民としての責任に意識的な個々人の手によってつくられ実行されるものなのです。グローバルスタディーズにおいて、私たち教員は、学生のみなさんが、このような諸問題を探究し、今日の互いに深くつながりあう世界で活躍するために、自信、主体性、文化的な知識、そしてコミュニケーション能力を育む場作りに励んでいきます。
グローバルスタディーズ専攻 アカデミック・ダイレクター
ポール・ミンフォード

グローバルスタディーズ専攻のポイント Key Features 

POINT1

多様なバックグラウンドを持つ教員と学生のコミュニティ
さまざまな言語的・文化的背景を持つ教員が、少人数の授業で学生と協力して、学生の学術的な探究心を育みます。学生が英語での学修やコミュニケーションに自信を持てるように、温かく相互にサポートし合える学修環境を整えています。


POINT2

アクティブ・ラーニングと学生の自律性の重視
ゼミナールを中心とした上で実習科目や課外学習の機会を取り入れたカリキュラムと個人にあわせたサポート体制は、主体的な学修と探究心を促進するように構成されています。これにより学生が自らの学修に責任を持ち、将来の目標を実現するための力を身につけることができます。


POINT3

創造性と主体性を育むCapstone Project(卒業論文、ポートフォリオ制作、アドボカシー・キャンペーン)
Capstone Projectでは、4年間の集大成として、従来の学術論文に加えて、アートや映像作品、エッセイや小説などのポートフォリオ制作、さらに社会問題の解決をめざすアドボカシー・キャンペーンの3つからもっとも適切な形式を選ぶことができます。指導教員や他のゼミ生と相談しながら、自らの学問的関心と将来の計画にあわせてCapstone Projectを遂行するプロセスから、創造性と主体性を育みます。


想定される進路 Career Pathways

グローバルに事業展開している企業、マスメディアや調査会社、広告代理店、旅行会社、訪日外国人や外国人居住者に対する各種サービスを担う企業、大学や研究機関、国内外の大学院や研究機関などへの進路が想定されます。

グローバルスタディーズ専攻の奨学金について

グローバルスタディーズ専攻では下記の奨学金を予定しています。この他にも武蔵大学すべての学生が応募できる奨学金もあります。
詳細についてはお問い合わせください。
  • 奨学金の種類
    • Short-term Study 奨学金
    • Capstone Fieldwork 奨学金