経済経営学専攻

経済経営学専攻

世界水準の学びに挑む、 意欲ある学生を歓迎する

PDPはすでに6年の実績があり、1期生と2期生から武蔵大学とロンドン大学の学位取得を実現した優秀な卒業生を出しました。PDPの履修から途中で進路変更した学生もいますが、彼/彼女たちも 身につけた語学力と専門性を武器に社会で活躍しています。経済経営学専攻では、高度な英語力に加えて 、経済・経営学や統計・計量経済学の専門性を究めます。ロンドン大学の学位取得には、日々の継続的な学習と成し遂げるための強い意志が求められます。私たち教員は、授業はもとより授業外の時間においても、努力する学生たちをきめ細かくサポートしていきます 。大学は、学問を修めるための知的な空間です。知的好奇心にあふれ、4年間徹底して研鑽を積もうという向上心の高い皆さんを、教員一同お待ちしています。
経済経営学専攻 アカデミック・ダイレクター
鈴木 唯教授
*Parallel Degree Programmeのこと。武蔵大学に通いながらロンドン大学BSc (Bachelor of Science) を並行履修し、両大学の学士号を取得できる制度です。ロンドン大学およびロンドン・スクール・オプ・エコノミクス(LSE)が、授業概要や教科書を提供し、武蔵大学の教員による丁寧な英語の講義を通して理解を深め、ロンドン大学・LSEの試験に臨みます。

経済経営学専攻ポイント Key Features

POINT1

PDP履修を通じてロンドン大学の学位を取得できる
PDP の授業は 、ロンドン大学とロンドン・スクール・オプ・エコノミクス (LSE) の策定する授業概要に沿って武蔵大学の教員が学内で実施。カリキュラムは世界共通で、試験もロンドン大学とLSEが実施するため、世界に通用する評価が得られます。


POINT2

データ分析の手法を身につける
経済や経営の研究には統計学や情報処理が必須で、また企業や官公庁においてはデータに基づいた意思決定が主流となっています。経済経営学専攻では、体系的な経済学や経営学の学びの中でも統計学や計量経済学を重視し、卒業後も幅広い分野で役立つカリキュラムを提供します。


POINT3

英語で行う授業で実践的な英語力を向上させる
入学直後からの集中的なカリキュラムで、まずは語学力を徹底的に鍛えます。英語で行われる日々の授業や予習復習を繰り返す中で、またエッセイ中心のロンドン大学の試験に向けての勉強を通じて、高度な英語運用能力が身につきます。


経済経営学(EM)専攻の入試について(数学)

  • これまで経済学部生を対象にPDPを運営してきた経験から、PDP履修には経済学を学ぶ上で頻出の数学的なツールを身に付けるための素養が必須であると考えています。一方で、ここで言う数学の素養とは高校の教科書で習う諸項目が理解できているという意味で、いわゆる入試の数学における難問が解けることを必ずしも意味しません。こうした考えに基づいて、経済経営学(EM)専攻の入試においては、基礎的な数学の試験を必須とする予定です。
  • 「数学基礎」という科目を新たに設け、これを必須とします。出題範囲は、数学I(数と式、二次関数、データの分析)、数学A(場合の数と確率、整数の性質)、数学II(いろいろな式、図形と方程式、指数関数・対数関数、微分・積分の考え)、数学B(数列)です。問題の難易度は、教科書の例題や練習問題のレベルの問題が中心(計算や基礎的な文章題)となる予定です。選択科目の「数学」(従来の数学)については、選択科目として受験することができますが、他の選択科目を選択して頂くことも可能です。選択科目で「数学」を受験した場合でも「数学基礎」の受験は必須です。
    数学基礎サンプル問題はこちら
  • 「数学I・数学A」を必須とします。選択科目として「数学II・数学B」も選択して頂けますが、こちらは他の科目を選択することも可能です。
  • 2次選考の筆記試験において、数学基礎を課します。出題範囲、難易度は一般入試の「数学基礎」と同じです。ただし、英語小論文とあわせて100分の試験となりますので、問題数はやや少ないものを予定しています。
    数学基礎サンプル問題はこちら

進路実績 Career Pathways

  • トレンドマイクロ株式会社
  • イプソス株式会社
  • インフォシス リミテッド
  • 日本ビジネスシステムズ株式会社 など
※上記は、経済学部におけるロンドン大学とのパラレル・ディグリー・プログラム修了生の進路実績です。

想定される進路

外資系マーケティング調査会社やI T関連企業、コンサルタント業、グローバルに事業展開している商社・メーカー、銀行や証券会社等の金融機関、国内外の大学院や研究機関などへの進路が想定されます。

PDP取材実績(一部紹介)