トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 社会学部グローバル・データサイエンス コース(GDS)

新時代の共通語「データ」と「英語」、両方を身につけて世界が求める即戦力に
グローバル・データサイエンスコース(GDS)

gds_pc

グローバル化が進む社会のなかで、我々は好むと好まざるにかかわらず「世界」と仕事をしていかなければなりません。そのとき、最低限身につけておかなければいけないのが英語によるコミュニケーションスキルです。一方、あらゆるデバイスがネットワークに接続される現代社会のなかで、企業や行政といった組織には、大量のデータが日々蓄積されています。こうしたいわゆるビッグデータを、社会ときちんと結びつけて分析できる人材が求められています。「グローバル・データサイエンスコース(GDS)」は、新しい時代の世界共通語である「データ」と「英語」両方をしっかりと身につけるコースです。4年間の学びを通じて、広い社会学的な視野と高度な社会科学的スキルを持ち、データサイエンスにも対応できる人材。そして、英語によるコミュニケーションが図れ、グローバルな視点を持つ人材へと成長することができます。それは、次代のより良い社会づくりへ貢献できる人材でもあるのです。

GDSで身につけられる力

gds_student

1.徹底的に磨くデータサイエンス・スキル
近年、企業や行政などの組織に蓄積されるビッグデータが注目されています。ビッグデータとは何か、どのように活用されているかを学ぶ「データサイエンス基礎」をはじめとしたデータ利用スキルにかかわる科目はもちろん、社会学研究やメディア研究に必要な、社会調査や内容分析の方法論といった科目も数多く履修します。社会学的な方法論に習熟した上で、確かな技術にもとづいた社会分析ができる力を養います。
2.グローバルなコミュニケーション力
異なる文化圏での勉学を必須とすることで、グローバルな視点を持つ人材を育成しています。1年次に実施する6週間の海外英語研修では、異文化のなかで集中的に英語を学び、学生一人ひとりの英語力を確実にアップさせていきます。定評あるゼミでは、社会の課題を解決するのに必要な対話力や共感力、調整力も鍛えられます。これらの学びと英語教育が相乗効果を生み、コミュニケーション力に優れた人材へ成長します。
3.現場体験で鍛える実践力
大学で学んださまざまな知識や方法論が、社会に出たときに活用できるよう、学外での実践的な学びを重視し、学生が主体的に行動できる環境を整えています。1年次の海外英語研修のほか、2~3年次には「GDS実践」を用意。協定留学や海外ボランティア、企業インターンシップなどの異文化体験・現場体験を行うことで、グローバルに活躍できる視野と能力を育成します。このほか、企業と連携した取り組みも行い、実践力を養います。

社会学部ならではのデータサイエンスコース

さまざまな社会的課題に向き合うために、深い社会学的洞察力と柔軟な発想力を養う社会学部だからこそ、意義ある問題を提起して提案を行うまでの真のデータサイエンス力が身につきます。

問題提起から提案まで、全体をデザインできるスキルを磨く

問題提起
・考えるべき課題を設定する
・理論的に仮説を立てる
     ▲
●社会的課題への好奇心と理解
●社会学的発想力
●クリティカル・シンキング

GDS_問題提起

arrow

データ収集
・関連するデータを見つける
・自らデータを収集する
     ▲
●社会調査法の習得
●世の中のビッグデータ活用の理解

GDS_データ収集

arrow

データ分析
・データから意味のあるパターンを見つけ出す
・仮説のもっともらしさを吟味する
     ▲
●データ分析法の正しい理解と技術の習得
●社会に対する好奇心

GDS_データ分析

arrow

提案
・正しいストーリーを読み解く
・相手にわかりやすく伝える
・解決策を提案する
     ▲
●データ分析と社会に対する正しい理解
●コミュニケーション力

GDS_提案

それぞれのステップに必要な   社会学部ならではの学び  があります

外部企業との提携

さまざまな企業や行政との提携により、具体性を持った学びを提供していきます。
GDSでは、株式会社アサツー ディ・ケイ(以下ADK)との学術交流協定にもとづき、データサイエンス活用への実践的な取り組みを行います。ADKの「生活者総合調査」は、毎年実施される15,000サンプル規模の大規模シングルソース調査。そのデータの提供を受け、GDSの授業でリアルマーケットの仮説検証・分析に携わります。学生は、実際の企業現場のデータ分析を経験し、より具体的に学ぶことで、将来のキャリアイメージも形成できます。

ADKとは
年間売上高で国内広告業界第3 位の広告代理店。広告ビジネスのほか、アニメコンテンツにも強みを持つことが特徴です。また、海外市場へも広く事業を展開しています。

生活者総合調査
GDS_生活者総合調査
※生活者総合調査
15~69歳までの生活者約15,000人を対象に、毎年実施しているシングルソース調査。1,000を超える調査項目により、同一の対象者から多面的な情報を収集。互いの関連性を分析することができる。広く事業を展開しています。

4年間の流れ

1年次
IELTS™スコア5.5クリアは
前進への必須条件

データサイエンスの基礎を学びながら英語力の徹底的な強化を図ります。具体的な目標として、IELTS™スコア5.5をクリアすること。それは2年次以降のより高度な学びにつながるとともに、グローバル社会で活躍するための必須条件と位置づけています。

GDS_1年次

arrow

2年次
実践的なデータ分析に取り組む

データ分析の知識を身につけ、実践で応用できることをめざして、定量データ分析法などを段階的に学んでいきます。また、ビジネスの現場で実際に使用されているソフトを活用しながら、現実に即したデータサイエンスの手法を習得します。

GDS_2年次

arrow

3年次
世界へ、企業へ
学外の活動で未来へ

学生自ら企画し、主体的に行動して課題を行う「GDS実践」に取り組みます。授業で事前指導を受けたあと課題を決定し、海外留学や国際ボランティア、企業インターンシップに参加します。学外での活動を通じて自身の可能性を追求し、未来を切り開く力を養います。

GDS_3年次

arrow

4年次
根拠あるデータを用いて卒論に挑戦

GDSにおける卒業論文や卒業研究で重要なのは、根拠のあるデータを用いて、日本人だけでなく世界の人々にも理解できる内容であること。同時に、社会的に意味があり、価値があるテーマであることなど、高いクオリティが求められます。

GDS_4年次

6週間の海外英語研修
1年次の6~7月に実施される海外英語研修では、IELTS™などのスコアアップを図ることが大きな目標です。英語漬けになる日々は、確かなレベルアップにつながります。同時に、このオーストラリア(ケアンズ)で実施される留学では地元のホストファミリー宅にホームステイをするので、学生たちは日本とは異なる文化や習慣を体験できます。語学を学ぶだけでなく、世界に対する視野が広がる有意義な時間を過ごせます。

海外英語研修_002

授業紹介

gds_a

データサイエンス応用
この授業では、アサツー ディ・ケイ(ADK)から提供を受けた消費者調査データを用い、実践的な分析力を養います。通常の社会調査データにくらべて、変数の数、ケース数ともに大規模なデータを用い、従来の仮説検証型の分析のほか、マーケットバスケット分析などのデータマイニングの手法を学び、価値ある情報を引き出す技術を身につけます。
Sociology
社会学の主要な理論や概念、社会のさまざまなテーマ(格差、ジェンダー、教育、グローバリゼーションなど)を、英語で学びます。社会学的なものの見方を身につけることにより、社会の「常識」を疑い、現代社会のさまざまな課題を多様な視点から考察できるようになります。英語の文献を読み、英語で議論し、英語でレポートを書くことを通して、留学に不可欠な英語のアカデミック・スキルを高めます。
GDS実践
GDSでは「学外の学び」を重視しています。大学で学んできたさまざまな知識や方法論が、社会に出たときに具体的にどのように活用できるのか、それを学ぶには実際に大学の外に出なければいけません。たとえば自分が学んできた外国語が本当に通用するかを知るには、協定留学やTUJへの国内留学を通じて実際に外国語で学び、発表する機会が必要です。あるいはさまざまなデータサイエンスの方法論や、社会分析の手法がどのように社会のなかで機能するかを知るには、実際に企業インターンシップに行ったり、海外ボランティアをしながら異文化のなかに身を置く機会を持つことが重要です。こうした「学外での実践活動」そのものを1つの学びととらえ、単位を与えます。
【例】
海外企業インターンシップ
海外ボランティア
国内企業データサイエンス体験
国際協力NPO、NGOボランティア など

想定される進路

グローバル化する社会への対応が必要な企業、政府組織、非営利組織へ
グローバルに展開する企業や組織のなかでも、特にデータ分析を必要とする、創造性の高い職種での活躍が期待されます。

〈例〉
●グローバル化に直接関わる企業
●商社・金融・証券・保険業等
●一般国内企業の海外進出部門 
●外資系企業の国内スタッフ
●国内中小企業のグローバル対応人材
●教育機関のグローバル対応人材(国際センター、留学関連部門等)
●国内観光産業 
●広告代理店 
●自治体職員
●コンサルタント(都市計画、人材育成) 
●まちづくり系企業
● NPO・NGO 職員 
●国際機関職員 
●社会起業家 など
すでに、近年の社会学部卒業生の就職先として、下記のような実績があります。

(株)アサツーディ・ケイ、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)、クックパッド(株)、KDDI(株)、(株)サイバーエージェント、(株)サイバー・コミュニケーションズ、(株)セゾン情報システムズ、(株)帝国データバンク、ニフティ(株)、トランス・コスモス(株)、(株)日立システムズ、(株)マイナビ、(株)マクロミル、三菱UFJインフォメーションテクノロジー(株)、ヤマトシステム開発(株)など

to-top