トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び PDP教育センターロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)

ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)

日本初! ロンドン大学の学位を取得できる国際的プログラム
いつものキャンパスで世界レベルの経済学を

PDPは経済学部の入学生35名程度を対象とし、語学の成績などで選考を行います。学生はまず1年次の4~7月の間、授業や海外英語研修で英語力を鍛えます。その後IELTS™を受験し、スコア5.5以上を取得できた学生は、9月からロンドン大学のIFP(基礎教育プログラム)科目を4科目履修します。IFPの期末試験に合格すると、2年次の9月からBSc Programme(国際経済経営学士号取得プログラム)の履修が可能となり、3年間でIPの12科目を履修し、毎年の試験に合格すれば、ロンドン大学の経済経営学士号を取得できます。これらの科目は武蔵大学の教員によって英語で講義され、武蔵大学の学位の単位としても認められます。なお、PDPの受講や英語研修にかかる費用の半額程度を奨学金で支援します。

PDP授業風景Sサイズ

本プログラムの特長

■ 武蔵大学とロンドン大学の2つの学士号を、日本にいながらにして約4年と1カ月学ぶことで取得することができます。
■ 世界最高水準のロンドン・スクール・オブ・ エコノミクス(LSE)が学術指導を行い、武蔵大学の教員が英語で丁寧に講義します。期末試験の出題・採点もLSEが行います。

学位取得までの流れ

PDP学位取得までの流れ2018

海外英語研修

PDPの履修生は、1年次の6~7月に、フィリピン・セブ島での海外研修に参加して英語力を鍛えます。現地では、先生とマンツーマンでスピーキングやライティングを特訓。毎週実施される模擬テストを受験し、9月からスタートするIFPの履修要件であるIELTSTMスコアOverall5.5(各項目5.0)以上の取得をめざします。

海外英語研修

ロンドン大学とは?

ロンドン大学は、18のカレッジと9つの研究機関により構成される世界レベルの総合大学です。日本でも有名なロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)も、ロンドン大学を構成するカレッジのひとつです。PDPは、武蔵大学に通いながらロンドン大学のBSc Programme(国際経済経営学士号取得のプログラム)を並行履修し、両大学の学士号を取得できる制度です。ロンドン大学およびLSEが、授業内容の質を管理。LSEの学術指導を受けた武蔵大学の教員が、英語で丁寧に抗議します。

ロンドン大学

to-top