トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵のゼミ 個性あふれる武蔵のゼミ ゼミ一覧経済学部

経済学部 ゼミ一覧

伊藤 成康 ゼミ
現代日本経済の課題について考える
マクロ経済学・ミクロ経済学応用という観点から、日本経済の長期的課題について考察します。少子高齢化、財政再建、環境・資源制約、グローバル競争への適応などの具体的なテーマに関して、さまざまな分析ツールを使って検討します。
今井 英彦 ゼミ
R によるデータサイエンス入門
さまざまな分野で「データサイエンス力」を身につけた人材の養成が急務となっています。このゼミでは、データサイエンティスト必携ツールとも呼ばれている「R」という統計ソフトを使いながら、データに基づく問題発見・解決のスキルを初歩から身につけていきます。
河合 康夫 ゼミ
家族から考える経済と歴史
家族をキーワードに順番に発表し、少人数に分かれてディスカッションします。家族や子どもの数の変化と経済の変化の関係、日本の家族制度と西欧の家族制度の違いや、その歴史的背景などについて学んでいきます。
清水 敦 ゼミ
雇用と労働について考える
日本の雇用と労働のあり方は、近年大きく変わり、またさまざまな課題を抱えています。このゼミでは、雇用と労働の現状を具体的に知ることから始め、何がどのように問題となっているのか、そして課題の解決のためにはどのような方策が必要となるかを議論し、考えていきます。
鈴木 唯 ゼミ
世界に開かれた経済(open economy)について考える
モノやカネが国境を越えて取り引きされるグローバル化の時代の今、一国の経済は世界から隔絶された存在ではいられません。このゼミでは貿易や国際金融を通じて経済が世界に開かれていることの持つ意味・影響について学び、考え、議論していきます。
東郷 賢 ゼミ
経済学をきちんと学び、将来海外で活躍できる人を育成する
2年次に論証構造、統計ソフトを学び、3年次で論文の書き方を学びます。4年次では英語で論文を作成します。海外大学院進学のためのアドバイスも行います。英語の論文を就職や進学に役立ててください。
広田 啓朗 ゼミ
国・地方の公共政策にかかわる実証的財政分析
国・地方公共団体の公共政策にかかわる財政問題を、経済学の実証的な分析ツールを用いながら考察します。人口減少時代における地方財政のあり方について論文を作成し、学内外の論文大会にて発表します。
松川 勇 ゼミ
環境経済学
経済学の視点から、環境問題について学びます。具体的には、住宅エネルギー管理システム、スマート・シティー、デポジット制度、排出権取引、サンゴ礁の保護、環境税、経済発展と環境汚染、太陽光発電、スマート・グリッド、電気自動車などのテーマについて学びます。
横川 信治 ゼミ
アジアの再台頭と資本主義世界システム
第2次世界大戦後の資本主義の黄金時代の盛衰と、1980年代以降の新自由主義の次のような問題点を検討します。不安定な金融システムとグローバル金融恐慌、驚異的なスピードで進むグローバル化、中国とインドの再台頭、蔓延する所得格差。
古村 聖 ゼミ
インセンティブという視点で労働問題と政策について考える
経済学は、インセンティブに基づく学問です。労働や雇用の問題を解決するためには、人々がなぜ働き、企業はなぜ雇用するのかというインセンティブを考える必要があります。本ゼミナールでは、労働問題と政策についてインセンティブという視点で理論と実証の両面から考えます。
攝津 斉彦 ゼミ
経済学のツールを用いた実証分析
サッカーなどのスポーツ、ホームレス、ホテル経営など、自分の関心に沿ってテーマを決め、データ分析に基づいた独自の主張を卒業論文にまとめる準備をします。具体的には2 年次に基礎文献を輪読し、3 年次には統計ソフトStata の使い方を学ぶ予定です。
田中 健太 ゼミ
社会のさまざまな問題の経済学的実証分析
計量経済学的な手法を中心に、効果的な社会問題の解決策について分析します。これまでこのゼミでは、地方活性化のための観光政策や地方自治体の財政のあり方、またエネルギー問題など、実社会で重要なさまざまなテーマをグループ別に分析しました。
二階堂 有子 ゼミ
アジア新興国経済の現状と経済発展プロセスを理解する
このゼミでは、グローバル化の進行とともに、生産拠点ばかりでなく消費市場としても注目を集めているアジア新興国について学びます。これまで扱った研究テーマとしては、女性の就学率向上や衛生設備の改善、情報通信技術の普及が新興国経済に与える影響などがあります。
根元 邦朗 ゼミ
世界各国の政治を議論し、国際感覚を養う
日本を取り巻く国々の政治的事象(民主主義、安全保障、貿易など)を取り上げ、それを英語による議論をすることで、国際感覚を養います。最終的にはForeignAffairs のような専門誌の記事を理解・議論できるようになることをめざします。
荒田 映子 ゼミ
企業価値評価
コロンビア大学のビジネススクールのテキストを使いながら、会計数値を使った企業価値評価モデルを勉強しました。実際に、明治ホールディングス株式会社を対象として、より分析的な評価を行えたかを他大学と競いました。
伊藤 誠悟 ゼミ
事業創造の戦略的マネジメント
新たな事業を創造するための戦略や組織について学びます。基本知識の習得や課題解決の思考訓練のほか、ゼミでは研究プロジェクトを行います。問題を設定し仮説を立て、インタビュー調査やアンケート調査などにより、検証を行います。調査研究は他大学との合同ゼミで報告しています。
梅田 茂樹 ゼミ
現代企業の情報戦略
製造業、サービス業などで「情報・データをいかに活用するか」というテーマについて学びます。事例研究やビジネスゲームを通じて、事業計画、組織経営、そしてそれらにおける情報システムや企業データの活用などについて学びます。
荻野 紫穂 ゼミ
ことばに着目した企業・サービス分析
企業と顧客が発することばのデータを分析し、企業の活動やサービスを多面的にとらえる手法を学びます。分析例として、口コミ投稿の経年変化、「サクラ」を思わせる投稿の特徴、「参考になった」と評価される口コミの特徴、投稿日の気温と口コミ内容の関係、などがあります。
下川 拓平 ゼミ
応用数理社会工学
普遍性のある頭脳の基礎体力養成。まず理論を徹底理解しその後アプリケーションへと移行。テーマを見て理解できないのは当然なのでご心配なく。数学を駆使し現状分析、評価をする対象を学生と対話的に策定していきます。
高橋 徳行 ゼミ
より良い社会を創るための経営学
社会の問題を解決するための経営学、ビジネスを新しく立ち上げるための経営学を学んでいます。最近は、両親と一緒に住めない子どもたちを支援するビジネス、遊休施設を活用するシェアビジネス、過疎問題を解決するビジネスなどを取り上げました。
竹内 広宜 ゼミ
企業活動を変革するデータの分析や活用
企業のなかには、提供する商品・サービスや顧客に関するデータが膨大に蓄積されています。これらを分析し活用する手法を学びます。また、実践を通して、自身のアイディアを具体化し、企業活動に活用できるかを調査します。
土屋 直樹 ゼミ
日本人の働き方を考える
日本経済の雇用や賃金の動き、会社の人事管理、そのもとでの日本人の働き方について学びます。具体的には、『労働経済白書』などによって基礎的な知識を身につけつつ、長時間労働、女性の働き方、能力主義・成果主義、非正規雇用といったテーマについて勉強します。
朴 宰佑 ゼミ
消費者の心をつかむマーケティング戦略の研究
消費者心理の観点から製品評価を高めるためのマーケティング戦略について学びます。たとえば、デザインや背景音楽などの感覚要素が製品評価に与える影響をアンケートや消費者実験によって具体的に検証します。
古瀬 公博 ゼミ
意思決定の心理学
なぜ、私たちは誤った意思決定をしてしまうのか、どうすれば合理的な意思決定ができるのかについて学びます。組織論や社会心理学の文献輪読を通じて、集団・組織における意思決定の諸問題について学んだ上で、実験や質問票調査などを用いたグループ研究を行っています。
水島 治 ゼミ
制度会計の基礎
学部初級程度の制度会計に関するテキストを輪読し、会社法制度の基本的枠組みやその実務的処理に関して学習します。このゼミは、他の財務会計のゼミよりも各種法令や会計基準、実務指針などのルール面に学習の中心を置く点に特徴があります。
山﨑 秀雄 ゼミ
イノベーションの戦略的マネジメント
イノベーション(革新的なビジネスの創出)について考えるゼミです。「イノベーティブな組織にはどんな特性があるか」といった問題意識のもと、企業研究や外部コンテストへの参加などを通じ、組織や戦略の分析に必要な知識、チームで課題を解決する力の向上をめざします。

鈴木 真也 ゼミ
グローバル経済における経営戦略
経済活動がますますグローバル化するなかで、国際ビジネスを効果的に行うためにはどうしたら良いのかについて主体的に学びます。たとえば、「EU の動向が日本企業の海外ビジネスに与える影響」、「企業経営と異文化理解」のようなテーマについて考察します。

髙橋 由香里 ゼミ
会計情報を用いた企業分析
「事業の言語」ともいわれる会計を学び、公表されている実際の会計数値を用いて、企業の経営行動や課題を読み取ります。これまで扱った分析テーマの例としては、カラオケ業界、企業内スポーツ、専門商社があります。
目時 壮浩 ゼミ
組織のパフォーマンスを高めるための経営の仕組みを考える
戦略を適切に遂行するために必要とされる企業のマネジメントシステムである管理会計について学びます。ゼミでは、企業へのインタビューやアンケート調査を実施し、企業経営で現実に起こっている問題について、データ分析を通じて、その解決策を考えます。

森永 雄太 ゼミ
自分なりのリーダーシップを学ぶ
組織で働く従業員の行動に関するグループ研究を行い、他大学との合同ゼミで発表します。また、ゼミ運営も学生主体で行います。ゼミやグループの成果を高めるために自分はどのようなリーダーシップを発揮すべきかについて体験的に学びます。

安達 智彦 ゼミ
株式投資で成功する方法をさまざまな角度から実証する
株式投資のポイントは、理論モデルをベースとして情報を集め、正しく分析して迅速に実行することです。ゼミでは、これまでの例として、日本経済の現況を考えて、上場会社の配当政策に注目した投資対象の選び方を現実のデータを使って学びました。
海老原 崇 ゼミ
ビジネスゲームで学ぶ会計学
このゼミでは、精密機械を製造する企業の経営をシミュレートするビジネスゲームを通じ、財務諸表の作成と財務諸表情報に基づく経営意思決定を行うことで、会計学のエッセンスを学んでいきます。経営の成果を発表する株主総会も行い、プレゼン技法の習得もめざします。

大野 早苗 ゼミ
為替レートや海外経済をみながら国際分散投資を考える
2、3年生合同でゼミを行います。為替レートの決定メカニズムや国際経済、各種マーケットの状況を学びつつ、国際分散投資の意義について考察します。この成果は他大学との合同発表会やゼミ大会で報告するとともに、英語でのプレゼンテーションにも挑戦します。
神楽岡 優昌 ゼミ
デリバティブの価格評価モデルをRやExcelで実装
オプションと呼ばれる金融商品の理論価格を計算します。評価モデルはブラック、ショールズ、マートンによって開発され、彼らはノーベル賞を受賞しています。理論価格はExcelやRで計算可能で、これまでさまざまなタイプのオプションの評価を行ってきました。
茶野 努 ゼミ
さまざまなリスクを評価し、マネジメントする
RIS(全国20余りの大学が参加するインターゼミ)や学内のゼミ大会に向けて研究を行います。これまで「地方銀行等のシステミックリスク計量化」、「ゾンビ企業の効率性」、「就活の為のホワイト企業分析」、「ビットコインの価格形成」などのテーマで発表を行いました。
徳永 俊史 ゼミ
ファイナンス理論に基づき実在する企業の経営を評価する
卒業後にファイナンスを勉強したと自信を持っていえること、その知識を仕事や日常生活で活用できることをめざします。これまで扱ったテーマの例として、社長の履歴書、福利厚生戦略、余剰資金の使い方などと企業価値の関係についてファイナンスの視点から評価しました。
豊田 俊一 ゼミ
企業会計の争点を取り上げ、その本質に迫る
国際的に争点となった企業会計の問題について討論、会計の本質に迫ります。導入では、注目を集めた企業の財務データを用い、チームごとに分析を行って、企業会計の仕組みと役立ちを実践的に体得するところからスタートします。最近では、東芝やシャープなども取り上げました。
吉田 真理子 ゼミ
政府支出の成長効果について
このゼミでこれまで扱ってきたテーマは、政府支出の経済成長および家計の効用におよぼす効果です。政府支出の財源は課税と国債発行で賄われます。課税によるマイナス効果と政府による社会保障のプラスの効果が結果的に家計にプラスの影響をおよぼすのか否かを分析しました。
to-top