トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵のゼミ 個性あふれる武蔵のゼミ ゼミの成果発表ゼミ大会(経済学部)

ゼミ大会[ゼミ対抗研究発表大会]

経済学部

ゼミ大会とは?

経済学部のゼミが「経済」「経営」「金融」などのブロックに分かれてプレゼンテーションをくり広げる大会です。社会人審査員や教員から講評を受け、内容と表現について公正に審査されます。学生団体の「ゼミナール連合会」が中心となって企画・運営を行い、優勝賞金や協賛企業からの賞品も用意しています。

9時30分 大会当日の朝

ゼミ大会当日の朝、学生たちがスーツに身を包み、緊張した面持ちでキャンパスに集まり始めました。当日の受付や司会を行うゼミナール連合会のメンバーはさらに早く会場に入り、大会が滞りなく進行するために最後の準備に奔走しています。凛とした冬の空気が張り詰める中、経済学部の学生たちの熱い1日が始まります。

大会当日の朝 1

大会当日の朝 2

11時 発表直前まで、入念なリハーサル

午後からの発表に向けて、多くのゼミが直前まで打ち合せやリハーサルを繰り返していました。何度も修正を重ねた資料を見直すゼミ、ストップウオッチで発表者の話すスピードをチェックするゼミ、教員自ら学生たちに交じって熱く指導するゼミなど、この大会にかける並々ならぬ思いが伝わってきます。

発表直前まで、入念なリハーサル01

発表直前まで、入念なリハーサル02

14時25分 いよいよ本番。真剣勝負が始まる

ひとつのゼミに与えられた発表時間は20分。明確に伝わるよう工夫した資料をプロジェクターで映し出し、プレゼンテーションを行います。発表後は、社会人審査員や教員からの講評と質疑応答の時間が設けられ、厳しく高度な質問に、学生たちはできる限りの力を使って答えます。
各ブロックとも熱を帯びた発表が繰り広げられました。

いよいよ本番。真剣勝負が始まる01

いよいよ本番。真剣勝負が始まる02

いよいよ本番。真剣勝負が始まる03

18時 大会を終え、懇親会。そして、結果発表へ

すべてのゼミの発表が終わった後は、華やかな懇親会(表彰式)が催されます。各ブロックの優勝・準優勝チームの発表や審査員との交流が行われ、勝ち負けに関係なく、達成感や安堵感から涙を流す学生もいます。このゼミ大会に向けて努力してきた成果は、再びゼミでの学びに還元されるだけでなく、その後の就職活動や社会で活躍していく上での大きな力となるはずです。

大会を終え、懇親会。そして、結果発表へ01

大会を終え、懇親会。そして、結果発表へ02

2016年度 ゼミ大会 発表テーマ

経済学科

●日本企業の倒産・廃業の将来
●途上国における貧困問題の多角的な分析
●紙パックリサイクル~紙パック回収率を上げる~
●戦争が経済に与える影響
●Brexit:EUとイギリス
●地方自治体の持続可能な財政運営のための対策
●児童福祉政策における給付方法についての政策提言
●ごみ処理有料化
●過労死を防ぐための長時間労働抑制策
●フィリピンの経済を教育的視点から考える
●プロ野球投手のベンチマーク評価~経営効率分析の応用~
●東京五輪による地域活性化
●国内未開の「ハラルコスメ」~市場成長の条件とは~
●今後の消費傾向の予測
●中小企業のマスカスタマイゼーション

経営学科

●ROEの決定要因に関する分析
●経理が変わる!経理を変える!
●クラウドファンディングとソーシャルビジネス
●内田洋行の経営分析~事業ごとの必要性~
●農業問題を解決に導くIT技術
●ダイバーシティマネジメントにおける女性活用
●アルバイト先での人間関係問題を解消するには
●量産型大学生〜ファッションとSNSから考察する、
新たなビジネスチャンス・マーケティングの可能性〜
●人から承諾を得るためのアプローチ〜海老で鯛を釣ろう〜

●イノベーションと人材育成
●創業間もない企業への地域金融機関の取り組み
~金融機関は創業支援機関としての役割を果たせているのか~
●円満な出戻りと組織再社会化
●環境投資が企業に与える影響〜CSRが企業に及ぼすものとは〜
●東芝はなぜ不正をしたのか
●業績評価スタイルが職場の雰囲気に与える影響
●株式投資分析~スポーツと社会貢献~
●CAPM/CMLを用いた合理的投資法の理論および実践的実験

金融学科

●原油価格の変動が日本企業に与える影響
●財政支出の成長効果について
●ベーシックインカムの実現
●日本は移民を受け入れるべきか
●これからの日本家計の資産運用
●来たれ、金融ショック! 同一配当額を維持する会社によるポートフォリオ投資
●生命保険の需要構造に関する実証分析
●チャンスに変える、空き家問題
●金融工学的アプローチの適用
●マイナス金利政策導入による生命保険会社への影響
●企業が成長するために経営者が考えるべきこと:ファイナンスアプローチ
●IPO企業の業績パフォーマンス

to-top