トップ
武蔵の学び

トップ 就職・キャリア 武蔵大学のキャリア形成インターンシップ

インターンシップ

「働く」ことを実践で確かめる

武蔵大学のインターンシップ教育の目的は、企業・団体での就業体験によって学生が自らのキャリア意識を向上させ、卒業後の進路について考え、目標を明確化することにあります。学生には自己の人生設計・キャリア形成を意識することで、大学で学ぶ意義を再認識し、主体的・積極的に勉強に取り組むことを期待しています。

単位付与型

総合科目「ライフマネジメントとキャリアデザイン」分野の実践科目「インターンシップ特講」は、プログラムを修了すれば卒業に必要な単位として認められます。3 年次の前期あるいは後期に履修し、キャリアデザイン、企業分析、応募書類の書き方、マナー講座、労働法などの事前学習を行い、夏季あるいは春季休暇中に大学と協定を結んだ企業や団体でインターンシップを体験してレポートを提出し、報告書にまとめます。なお、「インターンシップ特講」を履修するには、1 ?2 年次に「キャリアデザイン論A」または「キャリアデザイン論B」いずれかの単位を修得しておく必要があります。

インターンシップの流れ

インターンシップの流れ2017

2016年度インターンシップ先

朝日信用金庫
(株)アドックインターナショナル
(株)イーストプレス
(株)宇野澤組鐵工所
(株)エービーシー商会
SMBC 日興証券(株)
(株)大林組
カインズ(株)
加藤産業(株)
(株)紀伊國屋書店
(株)共立メンテナンス
サミット(株)
三幸グループ
しのはらプレスサービス(株)
城南信用金庫
城北信用金庫
巣鴨信用金庫
(学)成蹊学園
西武信用金庫
立花証券(株)
東武グループ
(株)東武百貨店
トラスコ中山(株)
練馬区役所
練馬区立リサイクルセンター
(株)パソナグループ
(株)丸広百貨店
水上印刷(株)
(株)メディセオ
(株)矢野経済研究所
(株)山星屋
渡辺パイプ(株)

公募型

1年次から参加できる公募型のインターンシップは、就業体験をする企業を自分で探します。キャリア支援センターでは企業の探し方についての相談や応募書類の添削、面接練習など、さまざまなサポートを行っています。
to-top