学校感染症の取扱い

新型コロナウイルス感染症に関すること

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と皆さんの健康状態や感染状況確認のため、
以下の場合は速やかに専用フォームで報告してください。

(1)自身が、新型コロナウイルス感染症と医師より診断された
(2)自身に、新型コロナウイルス抗原検査キットで陽性判定が出た(体外診断用・医療用のみ。研究用は不可。)
(3)自身に、新型コロナウイルス感染症を疑う症状がある
(4)同居者が、新型コロナウイルス感染症に罹患した
 
上記に当てはまらない場合は登校可能です。
 

新型コロナウイルス感染症に関する出席停止措置について

上記「新型コロナウイルス感染症に関すること」に該当する場合は、出席停止扱いとなります。
感染症を思わせる症状があるときは、まずは自宅に待機し、こちらに沿って行動してください。

≪出席停止期間の考え方≫
・医療機関を受診した方:医療機関受診日から
・それ以外の方:大学保健室への報告日から(専用フォーム/電話/メール)

※待機期間終了後7開室日以内に、医療機関受診時の領収書等をご提出いただくことになります。
※医師の診断がないもの、待機期間終了後7日を過ぎたものは受理できません。
※出席停止措置については、履修要項も参照してください。
※この出席停止措置は期間限定となり、今後の感染状況によって内容が変更されることがあります。

新型コロナウイルスワクチン接種の授業における取り扱いについて

  1. 対象となる期間
    • (1)ワクチンを接種する日
    • (2)ワクチン接種に起因すると思われる副反応がみられたとき。原則接種した翌日および翌々日の2日間。 ワクチンを接種した日から3日目以降、体調不良で授業を受けられない場合は医療機関を受診し、そのことを授業担当者に報告してください。
  2. 報告方法
    • 学生自身が、接種日がわかるワクチン接種券(あるいはそれに代わる接種日がわかるもの)を授業担当者に見せてください。
  3. 授業担当者へ周知している内容
    • 大学として、当該日は欠席扱いとしないことを決定しました。
    • 授業担当者には、学生の皆さんが授業に出席できなかった日の授業内容をフォローするとともに、欠席扱いとしないよう周知しております。
    • また、ワクチン接種の有無による差別的な行為をしないよう要請しております。
  4. その他注意事項
    • (1)新型コロナウイルスワクチン接種後であっても感染することがあります。ワクチンを接種した後も、引き続き感染対策を必ず継続してください。
    • (2)新型コロナワクチン接種後に健康に異常がある時はワクチンを受けた医療機関・かかりつけ医・市町村の相談窓口に連絡をしてください。

対面授業における特別措置について

 2022年度の授業は新型コロナウイルス感染防止対策を講じた上で対面授業を実施します。ただし、基礎疾患等のため対面授業を受けることが難しいと認められた学生は、特別措置を受けることができます。


 
特別措置の対象者

-新型コロナウイルス感染症に罹患した場合に重篤化するリスクがある基礎疾患を有する者(糖尿病、心血管疾患、慢性の肺疾患、慢性腎臓病、免疫抑制剤や抗がん剤の投与を受けている等、現在の治療内容と病状から、主治医が大学への通学及び入構して対面授業を受講することが困難であると認めた診断書を提出できる方)

-妊娠中の方

BMI30以上の肥満の方

 

希望をされる方は、大学保健室までお問合せ下さい。

その他の感染症に関すること

学校保健安全法には下記の通り学校感染症が決められており、感染症ごとに出席停止の期間の基準が定められています。

第一種

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウウィルスに限る)、鳥インフルエンザ(H5N1型)、中東呼吸器症候群 (MERSコロナウィルスに限る)、新型コロナウィルス※

第二種

インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1型)除く)、百日咳、麻しん(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風しん、水痘(みずぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎

第三種

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌、腸チフス、パラチフス、流行性結膜炎、急性出血性結膜炎
※2020年2月1日に、新型コロナウィルス感染症を指定感染症に指定する政令が施行されたのをうけ、同感染症は学校保健安全法に定める第一種感染症としてみなされます。

Contact Usお問い合わせ