学芸員課程の特長とカリキュラム

感動を伝える実践力を身につける

実習風景
武蔵大学の学芸員課程では、学生が主体となって企画を立て、実践し、報告書を作成するグループワークなどを行います。基礎的な知識や技術だけではなく、実際の博物館活動に順応できる応用力や柔軟な思考を養います。

学芸員課程の4年間

学芸員課程では、学芸員の業務や博物館学の専門知識を学ぶ科目を履修します。その柱は、3〜4年次での2年間にわたる博物館実習です。

[3年次]博物館実習1、2

  1. 見学実習……日帰りで博物館へ行き、学芸員から講義を受ける
  2. 夏季研修旅行……地方の博物館を訪ね、学芸員から講義を受ける
  3. 実務実習……学芸員の基礎技術を習得する
  4. 課程報告書の刊行……年間の課程活動の記録を作成し、編集する

[4年次]博物館実習3、4

  1. 学芸員実習……実際に博物館で学芸員の実務を経験する
  2. 展示実習……展覧会の企画書の作成や課程修了展覧会を開く
学芸員課程カリキュラム
*履修登録とは別に、課程登録が必要です。