トップ
大学案内
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 教職課程学生からのメッセージ

学生からのメッセージ

経済学部

自ら行動する力が教職課程を続けていることで身につきました。

教職課程_学生b

経済学部 経済学科
【取得希望免許】中学校教諭一免許状(社会) 、高等学校教諭一免許状(地理歴史・公民)
Q1 なぜ教職課程を履修したのですか
 私は大学に入るまで、教師になりたいとは思ってもいませんでした。履修してみようと思ったきっかけは、高校の先生方から「大学に入ったら教職課程をとってみたら」と言われたことです。また、大学に入ってから自分の専攻する学問とは違うものにチャレンジしてみたいと思っていたことも理由の1つです。

Q2 教職課程を履修しながらクラブやサークル活動等は両立できますか
 私はクラブやサークルには所属していませんが、バイトを3つ掛け持ちして、ボランティア活動にも時々参加しています。「自分がやりたい!」と強く望んだことは自然と両立できると思います。大変だと思うこともありますが、「すべて自分の為になること」とポジティブに考えることが大切だと思います。

Q3 他学部の学生と友人になれるとよくききますが、実際はいかがですか
 教職課程では学部ごとにわかれることはありませんし、授業ではグループワークが必須です。そのため、自然と親しくなります。

Q4 卒業に必要な単位以外にどれくらい単位を履修する必要がありますか
 私の場合、1年次で2教科、2年次で14教科、3年次で6教科、(4年次で2教科の予定)で、合計24教科(単位数51)でした。これは社会科の免許を取る人の中では少ないほうだと思います。概説科目や学部の専門科目とのかねあいで、もっと多くなる場合があると思います。

Q5 これまで教職課程を履修してみて自分はどのように成長しましたか
 教職課程の授業で今までになかった新しい考え方を学ぶことで、さまざまなことに興味をもち自ら調べるといったことが、高校生の時や大学1年生の時と比べ圧倒的に多くなったことです。今までは先生方から言われたことだけをやっている=受け身でしたが、自ら行動する力が教職課程を続けていることで身につきました。また、人前に出て発表することへの不安も少なくなり、レポートなどをたくさん書くことにより自分の考えをまとめる力もつきました。

教職課程の授業で学んだ見方や考え方は、社会に出てからも役に立つはずです。

教職課程_学生f

経済学部 経営学科
【取得希望免許】高等学校教諭一種免許状(情報)
Q1 なぜ、教職課程を履修したのですか
 最初は、教員免許を取得できるならやっておこうかな、という軽い気持ちで始めました。ところがさまざまな授業を受けていく中で学ぶことが多く、たとえ教師にならなくてもためになることばかりだなと感じています。

Q2 教職課程を履修しながらクラブやサークル活動等は両立できますか
 私は演劇研究部とアカペラサークルに所属し、アルバイトもしています。今どれを一番にやらなければいけないか、そのためにはどのように時間を使えばいいかということと、それぞれとの関わり方をよく考えれば、両立出来ます。やりたくてやっていることならば、辛いことがあっても続けられると思います。

Q3 他学部の学生と友人になれるとよく聞きますが、実際はいかがですか
 教職課程の授業は全学部の学生が一緒に受けます。グループで話し合う時間も多いため、自然と話す機会が得られます。同じ科目の教員免許を取得しようとしている学生が同学年にいない私でも、気兼ねなく話せるようになりました!

Q4 卒業に必要な単位以外にどれくらい単位を履修する必要がありますか
 情報科の場合、学科の授業科目と教職課程で履修しなければならない授業科目で被っているものが多いため、他の教科に比べれば少ないと思います。ただし、教育系の授業科目を50単位弱取る必要があります。

Q5 これまで教職課程を履修して、自分はどのように成長しましたか
 教職課程の授業では学科で学ぶこと以外に沢山の学びがあります。それは、学校教育のためだけに使える知識ではないと、私は思います。身近に起きた問題に対して、教職課程の授業で学んだ見方や考え方を応用することができるようになりました。教職課程の授業で学んだ見方や考え方は、これから社会に出てからも役に立つはずです。

人文学部

フィリピンへ語学研修、タイでボランティア活動。忙しいけれど、充実した学生生活。

教職課程_学生e

人文学部 英語英米文化学科
【取得希望免許】中学校教諭一種免許状(英語)、高等学校教諭一種免許状(英語)
Q1 なぜ、教職課程を履修したのですか
 私が教師になりたいと初めて思ったのは、中学生の時でした。当時、私は先生や親に迷惑をかけるような生徒でした。当時の担任の先生が私にしっかりと向き合ってくれて、そのおかげで私は自分の行動を見直すことができました。私みたいな生徒でも変わることができるんだ、と教えてもらいました。私も、その先生のように生徒に影響を与えることができる先生になりたいと思い、教職課程を履修することにしました。

Q2 教職課程を履修しながらクラブやサークル活動等は両立できますか
 両立できます。私は他大学のソフトテニスサークルに所属しながらアルバイトも2つやっています。また、夏休みや春休みの長期休暇は自由な時間が多いため、自分の好きなことができます。私は大学2年の夏休みを利用して、フィリピンへ4週間語学研修に行きました。春休みには2週間タイに行ってボランティア活動を行いました。教職課程を履修していない人に比べて課題は多くなり、忙しいかもしれませんが、たくさんのことを学ぶことができ、充実した学生生活が送れると思います。

Q3 他学部の学生と友人になれるとよくききますが、実際はいかがですか  
 学部学科を問わず、教職課程を履修している学生はほぼ同じ授業を受けるので、グループディスカッションなどの活動を通して、さまざまな学部の学生と交流を深めたり広げたりすることができます。また、皆が同じ夢をもっているため、互いに高めあい、よい人間関係を作っていくことができると思います。

Q4 卒業に必要な単位以外にどれくらい単位を履修する必要がありますか
 私は英語英米文化学科に所属し、英語の免許を取ろうとしています。そのため、単位数はそれほどふえていません。1年次は4単位、2年次は16単位を教職の単位として取得し、3年次は8単位分の授業を履修しています。私の場合、英語の教員免許の取得のために必要な単位と卒業に必要な単位の多くが重複しています。他の学科で免許を取ろうとしている人に比べて、授業時数には余裕があります。

Q5 これまで教職課程を履修して、自分はどのように成長しましたか
 私は教職課程の授業のおかげで、とても成長できたと思います。以前よりも他人の行動や考え方を推察し、配慮した上で行動することができるようになったと思います。また、子どもについて学ぶことが多いため、新しい発見が多くあり、将来親になった時にもここで学んだことを活かすことができると思っています。

広い視野をもった人間に成長していくための能力を身につけることができる。

教職課程_学生a

人文学部 ヨーロッパ文化学科
【取得希望免許】中学校教諭一種免許状 (英語)、高等学校教諭一種免許状 (英語)
Q1 なぜ、教職課程を履修したのですか
 以前から教師になりたいという気持ちがあったというのが一番の理由です。もう一つの理由は、入学前の"うぇるかむさしパーティー"で仲良くなった友人から教職課程を履修すると聞き、一緒に頑張りたいと思ったからです。

Q2 教職課程を履修しながらクラブやサークル活動等は両立できますか
 私は、現在、教職課程を履修しながら、English JAM(代表等の役職にも就いています)、MCVスタッフ、アルバイト2つ(塾講師とホームセンター)を掛け持ちしています。多忙な時期は教職課程を履修していない友人を見てうらやましくなることもありますが、自分がやりたいことはすべてできており、充実した大学生活を送っています。

Q3 他学科の学生と友人になれるとよくききますが、実際はいかがですか
 教職課程の多くの授業では、毎回グループディスカッションを行います。グループディスカッションで話したことがきっかけとなり仲良くなった友人がたくさんいます。教職課程を履修すれば、学内で顔が広くなることはまちがいありません。

Q4 卒業に必要な単位以外にどれくらい単位を履修する必要がありますか
 最初は、1年生次の教職課程希望者ガイダンスで、教職課程履修者ではない学生と比較すると何十単位も多くの単位を取得すると知り、驚きました。しかし、実際には教員免許取得のための単位が、自分の学科を卒業するために必要な単位と重なるものもあり、想像よりは辛くない日々です。

Q5 これまで教職課程を履修して、自分はどのように成長しましたか
 教職課程の授業では、教職に関連する知識はもちろんですが、広い視野をもった人間に成長していくための能力を身につけることができると思います。例えば、偏見や差別をもたず、多様な人々を受け入れることができるようになったと思っています。

子どもに何か少しでも伝えられるような教師になりたい。

教職課程_学生c

人文学部 日本・東アジア文化学科
【取得希望免許】中学校教諭一種免許状(国語)、高等学校教諭一種免許状(国語)
Q1 なぜ、教職課程を履修したのですか
  私は、高校生の時に、教師という職業に興味をもちました。学習面だけではなく、これまでの経験をふまえ、子どもに何か少しでも伝えられるような教師になりたくて、教職課程を履修することにしました。

Q2 教職課程を履修しながらクラブやサークル活動等は両立できますか
 両立はできると思います。私は、教職課程を履修しつつ、軟式野球部に所属しています。テスト前などは課題等が多くて大変ですが、部活動はその期間は休みになるので効率よく空き時間を見つけ、課題にとりくんだり、テスト勉強をしたりしています。アルバイトに関しても、空き時間を見つけ学業の負担にならない程度にできると思います。

Q3 他学部の学生と友人になれるとよく聞きますが、実際はいかがですか
 仲良くなれると思います。教職課程を履修していなければ、他学部の学生と関わることは少ないと思いますが、教職課程の授業を通して他学部の学生と交流する機会が増えました。教職課程の授業はグループワークが多いので、自然と仲良くなれます。

Q4 卒業に必要な単位以外にどれくらい単位を履修する必要がありますか 
 卒業に必要な単位以外に34単位を履修しています。

Q5 これまで教職課程を履修してみて自分はどのように成長しましたか
 以前よりも、人前で話をしたり、さまざまな方面から物事を捉えたりすることができるようになりました。教職課程の授業では発表する機会が多いので、自分の考えを自分の言葉で発表するという点は成長できていると思います。
また、教職課程の授業を受けてから、教育についての考えが変わりました。新しいことを多く学べるので、教職課程の授業を楽しく履修することができています。

社会学部

さまざまな学部の学生と交流し、新しい人間関係ができる。

教職課程_学生h

社会学部 社会学科
【取得希望免許】高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
Q1 なぜ、教職課程を履修したのですか
 教員という職業に興味があったのはもちろんですが、学部の授業だけでは得られない、広い視野をもちたいと思ったこと、さまざまな人たちとコミュニケーションをとるよい機会になると思ったことが、教職課程を履修するきっかけになっています。

Q2 教職課程を履修しながらクラブやサークル活動等は両立できますか
 両立はできますし、両立できれば充実した学校生活を送れると思います。そのために出された課題は後回しにせず、その週のうちに早め早めに取り組むことが大切です。

Q3 他学部の学生と友人になれるとよく聞きますが、実際はいかがですか
 学部の授業よりもグループディスカッションが多く、ゼミのような少人数で行う授業もあるので、さまざまな学部の学生と交流し、新しい人間関係ができると思います。

Q4 卒業に必要な単位以外にどれくらい単位を履修する必要がありますか
 私は高校の免許だけを希望しているので、履修単位は少ないかもしれません。20科目程度を卒業要件単位以外に履修しています。学部の授業でも、卒業要件単位と教職課程の単位に含まれる科目があるので、しっかりと履修要綱に目を通すと無駄なく授業を組めると思います。

Q5 これまで教職課程を履修して、自分はどのように成長しましたか
 人前で自ら発言することはあまり好きではないのですが、教職課程ではそうした機会が多いのである程度抵抗はなくなりました。グループワークの機会も多いので、他の人の話をきいてそれをまとめる力も身についたと思います。またレポート形式の課題が多いので、論理的に文章を書く力も向上しました。そうした部分は成長できたと思います。

相手が何を伝えたいのかをつねに考えさせられる授業が多く、コミュニケーションが得意になった。

教職課程_学生d

社会学部 メディア社会学科
【取得希望免許】中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民)
Q1なぜ、教職課程を履修したのですか
 私は、小学生の頃から教師になりたいと思っていました。今まで担任や顧問の先生に恵まれ、こんな大人になりたいと憧れをもっていましたし、教師が人に与える影響力はとても大きいと思ったからです。また、これまで長くソフトボールをやっていたので部活動を指導することにも興味がありました。

Q2 教職課程を履修しながらクラブやサークル活動等は両立できますか
 私は現在、教職課程を履修しつつ、フットサルサークルに入り、バイトも3つ掛けもちしています。忙しい時もありますが、すべてがよい経験になっています。また、時間の使い方によっては自らの趣味等にも時間を費やすことは十分可能です。時間をもてあますことはなく、充実した大学生活を送れると思います。

Q3 他学部の学生と仲良くなれると聞きますが、実際はいかがですか
 教職課程の授業は、他の講義と異なりグループでの活動が多いので、自然と友達がふえると思います。また、模擬授業の準備などでは学部に関係なくグループを組み、よりよい授業をつくるために切磋琢磨して意見を出し合います。グループで協力しながら課題に取り組むことができます。私自身、去年履修していた社会科教育方法論のメンバーはとくに仲がよく、学部をまたいで交流しています。

Q4 卒業に必要な単位以外にどれくらい単位を履修する必要がありますか
 卒業要件単位以外に50単位ほど履修しています。学部の卒業単位に含まれる授業科目もたくさんありますので、しっかり履修要項に目を通し、効率よく時間割を組むことをおすすめします。

Q5 これまで教職課程を履修して、自分はどのように成長しましたか
 教職課程の授業を受けて、視野を広くして物事について考えられるようになりました。今までは、自分が過ごしてきた学校生活を中心に考えていたため、違う環境で過ごしてきた人のことを理解することもありませんでした。
しかし、世界にはさまざまな環境で子ども時代をすごしてきた人がいて、自分が知っている世界はほんの少しだということに気づかされました。また、人とコミュニケーションをとることが上手になったように思います。どうすれば自分の意見が伝わるか、相手は自分に何を伝えたいのかをつねに考えるよう求める授業が多いため、コミュニケーションが得意になったと思います。こうした力は、将来どんな職業につこうと必ず必要になる力だと考えています。

お問い合わせ先
武蔵大学 教職課程
〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1 武蔵大学8号館4F
開室時間 平日9:00~16:40
TEL:03-5984-3729

お問い合わせ

to-top