トップ
大学案内
武蔵の学び
入試情報

トップ 大学案内 教育情報の公表1.教育研究上の目的

1. 武蔵大学の教育研究上の目的

本学は建学の精神(三理想)に基づき、各学部の専門教育と全学共通の総合教育を通じて「自立」「対話」「実践」を教育の基本目標とした人材養成を行っている。この3つの基本目標は、より具体的には、自ら調べ自ら考え、他者を尊重しながら心を開いて対話を行い、世界に思いをめぐらしながら身近な場所で実践し、また世界に雄飛して文化的な交流や実務的な共同作業を担う自立した活力ある人材を育てることを意味している。その過程で重んじられているのは、学びとった知を社会生活に応用し、その実践のなかで得られた体験や問題意識を知の営みに還元すること、すなわち知と実践の融合の精神である。
→ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
→カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
→アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

各学部・研究科の教育研究上の目的

経済学部

経済学部は、大学の教育の基本目標に基づき、経済社会を対象とする理論と応用に関する知識を修得させ、主体的な思考力と適切な意志決定遂行能力を涵養することを教育研究上の目的とするとともに、あわせて現代の経済社会が直面する課題解決に際し、意欲的に取り組む力をもった有為な社会人育成を人材養成の目的とします。
→経済学部の各種ポリシー(ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー/アドミッション・ポリシー)

人文学部

人文学部は、大学の教育の基本目標に基づき、広く深い教養、言語能力及び国際感覚を培い、人文学の各分野における専門的知識と応用力を修得させることを教育研究上の目的とし、現代的な課題の解決に主体的に取り組む人物を育成することを人材養成の目的とします。
→人文学部の各種ポリシー(ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー/アドミッション・ポリシー)

社会学部

社会学部は、大学の教育の基本目標に基づき、多様な社会問題の発見と理論的及び経験的分析に基づいて、批判的精神と共感的対話力を涵養する教育研究を行い、望ましい社会のあり方を実現しうる総合的な構想力をもった有為な人材を養成することを目的とします。
→社会学部の各種ポリシー(ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー/アドミッション・ポリシー)

経済学研究科

経済学研究科は、大学の教育の基本目標に基づき、経済理論、経済史、応用経済、経営、経営情報、会計、ファイナンスに関する高度な専門知識・研究能力の獲得と、専門性の高い職業に就きうる知識と思考力の涵養を教育研究の目的とするとともに、あわせて経済社会の安定と発展に貢献しうる有為な人材を養成することを目的とします。


【博士前期課程】
博士前期課程は、基礎的な学力の上に積み上げられた高度な専門能力・応用能力の獲得と、専門性の高い職業に求められる知識・思考力の涵養を教育研究の目的とするとともに、経済社会に貢献しうる有為な人材を養成することを目的とします。

【博士後期課程】
博士後期課程は、研究者養成機関として、国内外を問わず自立した研究活動ができる人材の養成を目的とするとともに、経済社会の安定と発展に貢献しうる有為な人材の輩出をめざします。

→経済学研究科の各種ポリシー(ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー/アドミッション・ポリシー)

人文科学研究科

人文科学研究科は、大学の教育の基本目標に基づき、専攻分野に関する高度の専門知識及び能力を修得させ、関連分野を横断する学際的素養を培うことを教育研究上の目的とし、国内外において、卓越した学識をもって教育研究機関で活動する研究者や文化と社会の発展に貢献しうる職業人を育てることを人材養成の目的とします。


【博士前期課程】
欧米文化専攻
欧米の言語・文学・歴史・思想・芸術・比較文化論の領域に関して、学術的な研究能力を得させ、専門性の高い職業に就きうる知識と力を養い、文化の継承と発展に貢献しうる高度の学識と指導力を備えた人材を養成することを教育研究上の目的とします。

日本文化専攻
日本の言語・文学・歴史・思想・美術・民俗・芸能、東アジア文化論の領域に関して、学術的な研究能力を得させ、専門性の高い職業に就きうる知識と力を養い、文化の継承と発展に貢献しうる高度の学識と指導力を備えた人材を養成することを教育研究上の目的とします。

社会学専攻
社会学の諸理論、社会学的方法論、メディア論、文化人類学の諸領域に関して、博士前期課程にあっては学術的な研究・調査能力を向上させ、各種の社会的問題の発見・解決に寄与しうる高度の学識と社会や文化の発展に貢献しうる指導力を備えた人材を養成することを教育研究上の目的とします。


【博士後期課程】
欧米文化専攻
欧米の言語・文学・歴史・思想・芸術・比較文化論の領域に関して、高等教育機関等における専門職を担い、文化の継承と発展に貢献しうる高度の学識と指導力を備えた人材を養成することを教育研究上の目的とします。

日本文化専攻
日本の言語・文学・歴史・思想・美術・民俗・芸能、東アジア文化論の領域に関して、高等教育機関等における専門職を担い、文化の継承と発展に貢献しうる高度の学識と指導力を備えた人材を養成することを教育研究上の目的とします。

社会学専攻
社会学の諸理論、社会学的方法論、メディア論、文化人類学の諸領域に関して、高等教育機関や企業等の研究部門における専門職を担い、各種の社会的問題の発見・解決に寄与しうる高度の学識と社会や文化の発展に貢献しうる指導力を備えた人材を養成することを教育研究上の目的とします。

→人文科学研究科の各種ポリシー(ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー/アドミッション・ポリシー)
to-top