2011.09.24

Category:金融学科

さあ、今日から武蔵の本格的なゼミ生活の始まりだ!

今日から、1年生のプレ専門ゼミが始まりました。学科ごとに、共通的な基礎知識を幅広く取り上げた前期の教養ゼミとは異なり、後期からは、それぞれが関心を持ったより専門的な領域のゼミを選択して、主体的に取り組んでゆくことになります。
 
豊田ゼミでは、財務会計に関心を持った学生が15人集まり、各テーマについて論争の的になっている問題を多面的に討議することを通じて、それぞれのテーマについての本質的な理解を深めていこうと考えています。
 
今日は最初の回ですから、自己紹介をかねて、どうして「会計」の問題に興味を持ったのかを各自発表してもらいました。漠然とした興味を述べてくれた学生が多かったのですが、中には、特定の対象についてかなり明確な関心を述べていた学生もいて、少し驚かされました。しかし、私のゼミを選択してくれた皆さんが、一様に、「会計」が経済社会の中で非常に重要な役割を果たしていると感じていることについては、非常に心強く思いました。
 
今後、テーマごとの準備作業や、課題の検討は、チーム単位で行うことになります。初回の今日は、5人ずつの3チームに分けて、ウォーミングアップのために、「会計はどのように役立っているのか」という問題について、チーム単位でできるだけ多くの視点から、考えて指摘してもらうことにいたしました。最初は、ぎこちなかった話し合いも、間もなく和やかな雰囲気となり、よい滑り出しができたと思っています。
 
教養ゼミの段階では、まだ基本的な知識を吸収することに気を取られ、まだ、プレゼンテーションの仕方までは十分気にする余裕はなかったことと思います。しかし、次回発表するチームの話し合いの中では、早速、次回どのように効果的に発表しようかと盛り上がっていました。そこで、最初に発表してもらうチームの参考もかねて、後半は、パワーポイントを使って、私の方で短時間のプレゼンを行いました。昨年の経験では、プレ専門ゼミの最初の頃は、かなりぎこちなかった1年生のプレゼンテーションも、終わりの頃になると、見違えるように立派なプレゼンテーションになります。今回の1年生も、是非、半年後には立派に成長してくれるよう、心から楽しみにしております。
 
金融学科 豊田俊一

ページトップへ