2012.10.25

Category:2012年度後期

フェーズ1⑦・・・チームを考える

フェーズ1⑦・・・チームを考える

10月22日(月)2時限目と3時限目に授業が行われました。

授業後の学生の日記には、「チーム」という言葉が多く出てきました。チームとしてどうあるべきなのか、壁にぶつかっているようです。

ある学生の日記を紹介します。
「プ レゼンの後、チーム活動はなかった。代わりに、先生と両チームの現状を考える時間となったのだ。今のチーム状況が、必ずしも良いとはいえない。そのような 趣旨で先生が時間をとってくれた。チーム(チームメンバー)に、何か思うことがあってもいう事が出来ない。遠慮し合って、作成したものにコメントができて いない。このような両チームの状況を案じて、そのことを一緒に考える時間となった。そのような話を聞いて、自分にも耳の痛い話であり、私はチーム全体のこ とを考えられていなかったと反省した。私は目の前の課題のことにしか見ていなくて、 チームとしての(コミュニケーションが活発でないことは以前から感じていたが)問題をあまり意識していなかった。「コミュニケーションがなくても、各自が きちんとやるべきことに取り組めば、課題は完成する」、「今は少々つらい時期であり、時期がたてばこの雰囲気に慣れるし、言いたいことを抱えて最後まで進 んでもよいのではないのだろうか」そんなことを頭に抱えていた自分が恥ずかしくなった。今まではチームで進めていったのではなく、個人が行ってきた作業を 合算したものにすぎない。課題を考える際に、チーム全体で取り組むのは必須のことであるが、それ以上にコミュニケーションを活発にするという事が頭から離 れていた」

フェーズ1⑦・・・チームを考える02

11月10日の中間発表会に向けて、発表内容が思うようにまとまらない理由はさまざまあります。調査不足、課題への理解不足、そしてチームメンバーとのコミュニケーション不足――。

教員が「チームづくり」の大切さをなぜ説くのか、活動していく中で実感していると思います。

フェーズ1⑦・・・チームを考える03

来週はいよいよ11月10日中間発表会のプレ発表となります。チーム状況が発表に現れるといっても過言ではありません。どのような発表にまとめてくるのか楽しみです。

記:学部横断型課題解決プロジェクト運営チーム 伊藤普子

ページトップへ