2018.11.6

人文学部

「情報の質的負荷」って?

今年度の「中国史演習」は、『清史稿』という史料に収められている文・武官の伝記の講読を中心に...

2018.9.24

人文学部

多様な人々の共生する社会をめざして...

技術の発展によって人やモノ、カネ、情報が国境を越えて自由に行き来するようになり、社会のあり...

2018.7.30

人文学部

Semi Blog Reini Schwede

The topic of my Seminar for 3rd and 4th grade...

2018.7.12

人文学部

英語教育学基礎ゼミナール

今年度の「英語英米文化基礎ゼミナール」では、私の専門分野の英語教育学から「多読」をテーマと...

2018.6.4

人文学部

「最後の一文」が気になる

「最後の一文」がどうも気にかかる、という小説があります。先日の「日本現代文学演習」の授業で...

2018.5.15

人文学部

4年に1度の祭典がやってくる!

世界的なスポーツイベントといえば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?今年の冬には日本人選手...

2018.4.1

人文学部

Aims of the GSC First Year Seminar

One of the aims of the GSC (Global Studies Co...

2018.2.14

人文学部

ニュースを通じて現代ヨーロッパを考える...

1年生向けの基礎ゼミは、本や論文の読み方やプレゼンテーションの方法を実践的に学ぶ場です。プ...

2018.1.22

人文学部

千年以上前の歌をいかに読むか

専門演習では『万葉集』の歌を学生と一緒に読んでいます。奈良時代にはひらがなもカタカナもまだ...

2017.12.4

人文学部

ドングリの秘密

武蔵大学キャンパスには、数多くの木々が茂っています。学園が創設されたのは、95年前1922...

2017.10.30

人文学部

アメリカ文学の原書を読む

今年度の「アメリカ文学ゼミナール」では、F・スコット・フィッツジェラルドのThe Grea...

2017.10.17

人文学部

GSC(仏語)を紹介します

皆さん、こんにちは。   今年度から新しくグローバル・スタディーズコース(GSC...

私の河童コレクションからの二匹。日本の近代文学のなかで、河童をテーマにする作品が意外に多い。

2017.5.18

人文学部

不思議な世界への通路!

「幻想文学」とは何か?端的にいえば、現実世界ではありえない話を「幻想文学」と定義できますが...

『暗い時代の人々』(1968年)

2017.3.27

人文学部

もはや本当に戦後ではない

3.11以降、「暗い時代」に入ったと言えるでしょう。「暗い時代」が回帰してきた、と言うべき...

図1

2017.3.7

人文学部

どんぐりの降る日!

こどもの頃、どんぐりを拾い集めた思い出が、必ずあることでしょう。日本はドングリ王国です。大...

角田ゼミ写真1

2017.1.26

人文学部

海の交流の歴史を旅する

英米そして広く英語圏の文化と社会は、人々が大西洋を越えて交流してきた歴史から作り出されて来...

中国思想史演習(水口)

2016.12.26

人文学部

中国語を通して思想史を学ぶ

「中国思想史演習」は、今日の華人社会にも影響を及ぼす「中国的思考」の規範的部分を、客観的な...

2016.10.28

人文学部

フランス語で文学作品を読んでみる

武蔵大学人文学部ヨーロッパ文化学科では、1年次からフランス語またはドイツ語を第1外国語とし...

たけくらべ記念碑の前で

2016.7.26

人文学部

江戸のことばと文化を肌で感ずる下町散歩...

「日本の言語文化演習」では江戸のことばや文化の研究を行っています。6月11日(土)午後、有...

間伐体験の写真

2016.6.30

人文学部

一日「きこり」になってみよう!

武蔵大学のキャンパスは緑が豊かで、四季折々多様な花が咲きます。花だけでなく、食べられる樹の...

ページトップへ