総合型選抜 AO入試

AO入試 試験のポイント

POINT1

全学部で実施します。

POINT2

学力の3要素(知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性)、学習意欲、将来的な可能性を総合的に評価します。

POINT3

専願ではないので他大学との併願が可能です。

入試要項

募集人員・試験日・出願期間・合格発表・入学手続期間

学部
学科・専攻
募集
人員
試験日
出願期間
合否通知
入学手続期間
第一次入学手続期間
第二次入学手続期間
入学金納入
一部書類郵送
(最終日消印有効)
学費等納入
一部書類郵送
(最終日消印有効)
経済
経済学科
15
10月16日(土)
10月17日(日)

※出願する型により異なる
9月8日(水)~9月15日(水)
(消印有効)
11月1日(月)
(発送)
11月2日(火)~11月8日(月)
2月28日(月)~3月11日(金)
経営学科
15
金融学科
15
人文
英語英米文化学科
8
10月17日(日)
ヨーロッパ文化学科
7
日本・東アジア文化学科
7
社会
社会学科
3
メディア社会学科
3
国際教養
国際教養学科
経済経営学専攻
5
国際教養学科
グローバルスタディーズ専攻
7

選考方法

学部

学科

一次選考

試験日 / 二次選考

経済

経済
経営
金融

【課外活動重視型】
出願書類(別に定める)にもとづく書類審査

10月16日(土)
又は10月17日(日)

・筆記試験(総合問題:基礎学力(国語・数学)を評価する内容を含む)80
・面接

【商業系資格重視型】
出願書類(別に定める)にもとづく書類審査

10月17日(日)

 ★両日のうち、どちらの日程になるかは受験票発送時に本人に通知します。

学部

学科

一次選考

試験日 / 二次選考

人文

英語英米文化

【語学力・文化理解力重視方式】
出願書類(別に定める)にもとづく書類審査

10月17 日(日)

・ 筆記試験(英語の語学力判定問題を含む日本語小論文):90
・ 面接(主として日本語。ただし英語の質疑応答あり)

ヨーロッパ文化

【語学力・文化理解力重視方式】
出願書類(別に定める)にもとづく書類審査

・ 筆記試験(英語、ドイツ語、フランス語のいずれかの語学力判定問題を含む日本語小論文):90
・ 面接(主として日本語)
語学力判定問題については、試験時に1外国語を選択。

日本・東アジア文化

【語学力・文化理解力重視方式】【テーマ追究方式】
出願書類(別に定める)にもとづく書類審査

・ 筆記試験(英語の語学力判定問題を含む日本語小論文)90
・面接(主として日本語)

学部
学科
一次選考
  試験日 / 二次選考
社会
社会
【テーマレポート方式】
出願書類(別に定める)にもとづく書類審査
10月17日(日)
・ 筆記試験(小論文):80分
・ 面接
【将来計画書方式(GDS)】
出願書類(別に定める)にもとづく書類審査
・ 筆記試験(小論文):80分
・ 面接(冒頭での英語面接を含む)
合格者は、自動的に「グローバル・データサイエンスコース(GDS)」への所属となります。通常コースへの所属はできません。
メディア社会
【将来計画書方式(GDS)】
出願書類(別に定める)にもとづく書類審査
・ 筆記試験(小論文):80分
・ 面接(冒頭での英語面接を含む)
合格者は、自動的に「グローバル・データサイエンスコース(GDS)」への所属となります。通常コースへの所属はできません。
【作品方式】
出願書類(別に定める)にもとづく書類審査、及び制作物の審査
・ 筆記試験(小論文):80分
・ 面接
提出作品はプリント(新聞や出版物)、音声又は映像作品、デジタル(Webサイト、パッケージでのデジタルコンテンツ等)の領域で、志願者個人が制作したもの又は共同制作において志願者が中心的な役割を担ったものに限ります。なお、各種コンテストなどでの受賞作か相応の水準のものを求めます。
【クリエイティブ・チャレンジ方式】
出願書類(別に定める)にもとづく書類審査
・ プレゼンテーション
・ 面接
 

学部

学科・専攻

一次選考

試験日 / 二次選考

国際教養

国際教養学科
経済経営学専攻

出願書類(別に定める)にもとづく書類審査

10月17日(日)

・ 筆記試験(英語小論文及び数学基礎):100 分
・ 面接(日本語及び英語)

国際教養学科
グローバルスタディーズ専攻

・試験(英語のリーディング・リスニング・ライティング力を問う小問及び英語小論文(コンピュータ入力)):90 分
・ 面接(主として英語)

*二次選考では、辞書・事典類の持ち込み・使用を認めません。

入学検定料

*AO入試内での学部、学科・専攻、型・方式の併願はできません。出願する学部、学科、専攻、型、方式を出願時に指定してください。
一次選考出願料
10,000
二次選考出願料(一次選考通過者のみ)
25,000

出願資格等

経済学部

本学の教育内容を十分理解した上で、出願志望の学科で学ぶことを強く希望し、出願する型ごとに定められた条件をすべて満たす者。

【課外活動重視型】

(1)高等学校又は中等教育学校を2022年3月までに卒業見込みの者。
(2)高等学校又は中等教育学校在学中に行った課外活動に熱心に取り組み、「顕著な成績」を修めた者。

※「顕著な成績」を修めた者の例:
  • 高等学校等における学校公認の部活動に所属し、都道府県レベル以上の大会やコンクール等で顕著な成績を上げたチーム・グループの正規メンバー(登録メンバー、顧問や監督等が正規メンバーに準ずると認めた者を含む)、あるいは個人参加者。
  • 高等学校等における生徒会並びに文化祭活動において、重要な役職を務め顕著な成果を上げた者。
  • 部活動以外(学外を含む)の運動競技・芸術活動等の文化活動に参加し、都道府県レベル以上の大会やコンクール等で顕著な成績を上げたチーム・グループの正規メンバー(登録メンバー、顧問や監督等が正規メンバーに準ずると認めた者を含む)、あるいは個人参加者。
  • ボランティア組織などに所属し、積極的な貢献を行った者。

【商業系資格重視型】

(1)高等学校又は中等教育学校を2022年3月までに卒業見込みの者。
(2)以下のいずれかの資格を有していること。
  1.日商簿記検定試験2級以上
  2.全国商業高等学校協会検定試験 1 級(珠算・電卓実務検定試験、簿記実務検定試験、ビジネス文書実務検定試験、英語検定試験、情報処理検定試験、商業経済検定試験)のうち、簿記実務検定試験を含む3種類以上
  3.全国経理教育協会簿記能力検定試験 1 級以上
  4.情報セキュリティマネジメント
  5.基本情報技術者
  6.応用情報技術者

人文学部

本学の教育内容を十分理解した上で、出願志望の学科で学ぶことを強く希望し、かつ以下のいずれかの条件に該当する者。
(1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者、及び2022年3月までに卒業見込みの者。
(2)通常の学校教育における12 年の課程を修了した者、及び2022年3月までに修了見込みの者。
(3)学校教育法施行規則第150 条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力を有すると認められる者、及び2022年3月31 日までにこれに該当する見込みの者。

学科・方式により、次の条件を満たすこと。

英語英米文化学科【語学力・文化理解力重視方式】

英語能力が以下のいずれかの基準を満たしていること(ただし、2018年10月以降に受検したものに限る)。ただし、2022年度入試に限り、下記出願条件として提示している英語資格・検定試験の基準スコアを満たしていない場合でも、英語能力を確認できる書類を提出することで出願を認める。
★基準スコアを満たしていない場合は、英語能力を確認できる書類として下記いずれかを提出してください。
(ⅰ)「教育に関わる第三者が作成した、志願者の英語能力を確認できる書類」
(ⅱ)「受検予定だったが中止・延期等になった資格・検定試験の受験票等のコピー」及び「基準スコアに達していないがこれまで受検したことがある資格・検定試験の結果のコピー(複数でも可。ただし、2018年10月以降に受検したものに限る)」

  1. ケンブリッジ英語検定 140 以上
  2. 実用英語技能検定 CSE 1950 以上(受検した級に合格していない場合でも出願可能)
  3. GTEC 960 点以上(オフィシャルスコアに限る。検定版、CBTタイプが利用可能)
  4. IELTS オーバーオール・バンド・スコア 4.0 以上(アカデミック・モジュールに限る)
  5. TEAP 225 点以上
  6. TEAP CBT 420 点以上
  7. TOEFL iBT® 42 点以上(団体受験のスコアは利用できない。Home Edition及びSpecial Home Editionは利用可能。Test Date スコアのみ利用可能。My Best™️スコアは利用できない)
  8. TOEIC® L&R/S&W 1150 点以上(団体受験のスコアは利用できない。TOEIC® S&W のスコアを2.5 倍にし、TOEIC® L&R と合算したスコア)
※いずれの試験も4 技能合計のスコアです。
※いずれの試験においても異なる実施回の各技能のスコアを組み合わせることはできません。ただし、実用英語技能検定の一次試験免除者については、二次試験受験時に申請した一次試験受験回のスコアと二次試験のスコアの組み合わせを認めます。この場合、二次試験を2018 年10 月以降に受検し、取得したスコアを有効とします。

ヨーロッパ文化学科【語学力・文化理解力重視方式】

英語、ドイツ語、フランス語能力のいずれかが以下のいずれかの基準を満たしていること(ただし、2018年10 月以降に受検したものに限る)。ただし、2022年度入試に限り、下記出願条件として提示している外国語資格・検定試験の基準スコアを満たしていない場合でも、外国語能力を確認できる書類を提出することで出願を認める。
★基準スコアを満たしていない場合は、外国語能力を確認できる書類として下記いずれかを提出してください。
(ⅰ)「教育に関わる第三者が作成した、志願者の外国語能力を確認できる書類」
(ⅱ)「受検予定だったが中止・延期等になった資格・検定試験の受験票等のコピー」及び「基準スコアに達していないがこれまで受検したことがある資格・検定試験の結果のコピー(複数でも可。ただし、2018年10月以降に受検したものに限る)」
[英語]
  1. ケンブリッジ英語検定 140 以上
  2. 実用英語技能検定 CSE 1950 以上(受検した級に合格していない場合でも出願可能)
  3. GTEC 960 点以上(オフィシャルスコアに限る。検定版、CBTタイプが利用可能)
  4. IELTS オーバーオール・バンド・スコア 4.0 以上(アカデミック・モジュールに限る)
  5. TEAP 225 点以上
  6. TEAP CBT 420 点以上
  7. TOEFL iBT® 42 点以上(団体受験のスコアは利用できない。Home Edition及びSpecial Home Editionは利用可能。Test Date スコアのみ利用可能。My Best™️スコアは利用できない)
  8. TOEIC® L&R/S&W 1150 点以上(団体受験のスコアは利用できない。TOEIC® S&W のスコアを2.5 倍にし、TOEIC® L&R と合算したスコア)
※いずれの試験においても4 技能合計のスコアです。
※いずれの試験においても異なる実施回の各技能のスコアを組み合わせることはできません。ただし、実用英語技能検定の一次試験免除者については、二次試験受験時に申請した一次試験受験回のスコアと二次試験のスコアの組み合わせを認めます。この場合、二次試験を2018年10 月以降に受検し、取得したスコアを有効とします。


[ドイツ語]
  1. ドイツ語技能検定3 級以上
  2. ゲーテ・ドイツ語検定試験A1 以上
  3. オーストリア政府公認ドイツ語能力検定試験A1 以上

[フランス語]
  1. 実用フランス語技能検定3 級以上
  2. DELF・DALF A1 以上
  3. TCF A1 以上
  4. TEF A1 以上

日本・東アジア文化学科 【語学力・文化理解力重視方式】

英語、中国語、韓国語能力のいずれかが以下のいずれかの基準を満たしていること(ただし、2018年10 月以降に受検したものに限る)。ただし、2022年度入試に限り、下記出願条件として提示している外国語資格・検定試験の基準スコアを満たしていない場合でも、外国語能力を確認できる書類を提出することで出願を認める。
★基準スコアを満たしていない場合は、外国語能力を確認できる書類として下記いずれかを提出してください。
(ⅰ)「教育に関わる第三者が作成した、志願者の外国語能力を確認できる書類」
(ⅱ)「受検予定だったが中止・延期等になった資格・検定試験の受験票等のコピー」及び「基準スコアに達していないがこれまで受検したことがある資格・検定試験の結果のコピー(複数でも可。ただし、2018年10月以降に受検したものに限る)」


[英語]
  1. ケンブリッジ英語検定 140 以上
  2. 実用英語技能検定 CSE 1950 以上(受検した級に合格していない場合でも出願可能)
  3. GTEC 960 点以上(オフィシャルスコアに限る。検定版、CBTタイプが利用可能)
  4. IELTS オーバーオール・バンド・スコア 4.0 以上(アカデミック・モジュールに限る)
  5. TEAP 225 点以上
  6. TEAP CBT 420 点以上
  7. TOEFL iBT® 42 点以上(団体受験のスコアは利用できない。Home Edition及びSpecial Home Editionは利用可能。Test Date スコアのみ利用可能。My Best™️スコアは利用できない)
  8. TOEIC® L&R/S&W 1150 点以上(団体受験のスコアは利用できない。TOEIC® S&W のスコアを2.5 倍にし、TOEIC® L&R と合算したスコア)
※いずれの試験においても4 技能合計のスコアです。
※いずれの試験においても異なる実施回の各技能のスコアを組み合わせることはできません。ただし、実用英語技能検定の一次試験免除者については、二次試験受験時に申請した一次試験受験回のスコアと二次試験のスコアの組み合わせを認めます。この場合、二次試験を2018年10 月以降に受検し、取得したスコアを有効とします。


[中国語]
  1. 中国語検定3 級以上
  2. HSK 筆記試験4 級以上
  3. TOCFL Level3 以上(聞き取りと読解の両項目を含むこと)

[韓国語]
  1. ハングル能力検定3 級以上
  2. 韓国語能力試験(TOPIK)3 級以上

【テーマ追究方式】

指示された事前レポートを提出すること。

社会学部

本学の教育内容を十分理解した上で、出願志望の学科で学ぶことを強く希望し、かつ以下のいずれかの条件に該当する者。
(1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者、及び2022年3 月までに卒業見込みの者。
(2)通常の学校教育における12 年の課程を修了した者、及び2022 年3 月までに修了見込みの者。
(3)学校教育法施行規則第150 条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力を有すると認められる者、及び2022 年3 月31 日までにこれに該当する見込みの者。

学科・方式により、次の条件等を満たすこと。

社会学科【テーマレポート方式】

ケンブリッジ英語検定、実用英語技能検定(受検した級に合格していない場合でも出願可能)、GTEC(オフィシャルスコアに限る。検定版、CBTタイプが利用可能)、IELTS(アカデミック・モジュールに限る)、TEAP、TEAP CBT、TOEFL iBT®(団体受験のスコアは利用できない。Home Edition及びSpecial Home Editionは利用可能。Test Date スコアのみ利用可能。My BestTMスコアは利用できない)、TOEIC® L&R/S&W (団体受験のスコアは利用できない。)のいずれかを受検し、合格や成績を証明する書類を提出できること。いずれの試験においても英語4技能の資格・検定試験結果を提出すること。

社会学科【将来計画書方式(GDS)】、メディア社会学科【将来計画書方式(GDS)】

ケンブリッジ英語検定、実用英語技能検定(受検した級に合格していない場合でも出願可能)、GTEC(オフィシャルスコアに限る。検定版、CBTタイプが利用可能)、IELTS(アカデミック・モジュールに限る)、TEAP、TEAP CBT、TOEFL iBT®(団体受験のスコアは利用できない。Home Edition及びSpecial Home Editionは利用可能。Test Date スコアのみ利用可能。My BestTMスコアは利用できない)、TOEIC® L&R/S&W(団体受験のスコアは利用できない。) のいずれかを受検し、合格や成績を証明する書類を提出できること。いずれの試験においても英語4技能の資格・検定試験結果を提出すること。若しくは、数学か情報処理に関する能力を証明する(各種技能検定等)書類を提出できること。

国際教養学部

本学の教育内容を十分理解した上で、出願志望の学科で学ぶことを強く希望し、かつ以下のいずれかの条件に該当する者。
(1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者、及び2022年3 月までに卒業見込みの者。
(2)通常の学校教育における12 年の課程を修了した者、及び2022 年3 月までに修了見込みの者。
(3)学校教育法施行規則第150 条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力を有すると認められる者、及び2022 年3 月31 日までにこれに該当する見込みの者。

専攻ごとに、次の条件等を満たすこと。

国際教養学科 経済経営学専攻

(1)「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」に参加し、両大学の学位取得を目指す者。
(2)英語能力が以下のいずれかの基準を満たしていること(ただし、2018年10月以降に受検したものに限る)。
  1. ケンブリッジ英語検定 154以上
  2. 実用英語技能検定 CSE 2184以上(受検した級に合格していない場合でも出願可能)
  3. GTEC 1114点以上(オフィシャルスコアに限る。検定版、CBTタイプが利用可能)
  4. IELTS オーバーオール・バンド・スコア 5.0以上(アカデミック・モジュールに限る。IELTS Indicatorは利用可能) 
  5. TEAP 281点以上
  6. TEAP CBT 540点以上
  7. TOEFL iBT® 62点以上(団体受験のスコアは利用できない。Home Edition 及びSpecial Home Editionは利用可能。TestDateスコアのみ利用可能。 My BestTM スコアは利用できない)
  8. TOEIC®L&R/S&W 1425点以上(団体受験のスコアは利用できない。TOEIC® S&W のスコアを2.5 倍にし、TOEIC® L&R と合算したスコア)

※いずれの試験においても4技能合計のスコアです。
※いずれの試験においても異なる実施回の各技能のスコアを組み合わせることはできません。ただし、実用英語技能検定の一次試験免除者については、二次試験受験時に申請した一次試験受験回のスコアと二次試験のスコアの組み合わせを認めます。この場合、二次試験を2018年10 月以降に受検し、取得したスコアを有効とします。
※新型コロナウイルス感染症の影響等が長期化している現状に鑑み、2022 年度入試に限り、IELTS Indicator 及び TOEFL iBT® Special Home Edition(Home Edition)のスコアをそれぞれ IELTS アカデミック・モジュール及び TOEFL iBT®のスコアに準じるものとします。各試験の会場受検が難しい方は自宅で受検可能なこれらの試験をご検討ください。
※また、出願締切日(9 月 15 日消印有効)までに出願条件として提示している英語資格検定試験の基準スコアを満たしていない場合でも出願を認めた上で、試験当日(10 月 17 日)まで英語資格検定試験のスコア証明書を受け付けます。ただし、10 月 17 日までに基準を満たすスコアの提出がない場合は、合否判定の際に不利になることをご承知おきください。
(注意) PDP の履修には、ロンドン大学の語学要件(IELTS オーバーオール・バンド・スコア 5.5 以上、各項目で 5.0 以上)を 2022 年 8 月末までに満たす必要があります。

国際教養学科 グローバルスタディーズ専攻

 英語能力が以下のいずれかの基準を満たしていること(ただし、2018 年 10 月以降に受検したものに限る)。
  1. ケンブリッジ英語検定 140以上
  2. 実用英語技能検定 CSE 1950以上(受検した級に合格していない場合でも出願可能)
  3. GTEC 960点以上(オフィシャルスコアに限る。検定版、CBTタイプが利用可能)
  4. IELTS オーバーオール・バンド・スコア 4.0以上(アカデミック・モジュールに限る。IELTS Indicatorは利用可能) 
  5. TEAP 225点以上
  6. TEAP CBT 420点以上
  7. TOEFL iBT® 42点以上(団体受験のスコアは利用できない。Home Edition 及びSpecial Home Editionは利用可能。TestDateスコアのみ利用可能。 My BestTM スコアは利用できない)
  8. TOEIC® L&R/S&W 1150点以上(団体受験のスコアは利用できない。TOEIC® S&W のスコアを2.5 倍にし、TOEIC® L&R と合算したスコア)

※いずれの試験においても4技能合計のスコアです。
※いずれの試験においても異なる実施回の各技能のスコアを組み合わせることはできません。ただし、実用英語技能検定の一次試験免除者については、二次試験受験時に申請した一次試験受験回のスコアと二次試験のスコアの組み合わせを認めます。この場合、二次試験を2018年10 月以降に受検し、取得したスコアを有効とします。
※新型コロナウイルス感染症の影響等が長期化している現状に鑑み、2022 年度入試に限り、IELTS Indicator 及び TOEFL iBT® Special Home Edition(Home Edition)のスコアをそれぞれ IELTS アカデミック・モジュール及び TOEFL iBT®のスコアに準じるものとします。各試験の会場受検が難しい方は自宅で受検可能なこれらの試験をご検討ください。
*AO入試内での学部、学科・専攻、型・方式の併願はできません。出願する学部、学科、専攻、型、方式を出願時に指定してください。 

その他の入試要項を見る

【一般選抜】一般方式

【一般選抜】大学入学共通テスト方式

【総合型選抜】

その他【特別入試】