一般方式 全学部統一型

全学部統一型 試験のポイント

POINT1

経済・人文・社会学部は「英語」「選択」「国語」のうち得意な2教科で受験可能!
国際教養学部グローバルスタディーズ専攻は「英語」必須、「選択」「国語」から1教科を選択し、2教科で受験。国際教養学部経済経営学専攻は「英語」と「数学基礎」が必須、「選択」・「国語」から1教科を選択し、3教科で受験。

POINT2

すべての学部学科専攻(4学部9学科2専攻)に出願することができます。

POINT3

同一学部内であれば、入学検定料35,000円で最大3学科・専攻まで出願できます!(経済学部・人文学部は3学科、社会学部は2学科、国際教養学部は2専攻)

POINT4

複数の学部を出願する場合、2学部目からは入学検定料が割引になり、1学部につき10,000円となります!
※1回のWeb出願で出願を完了してください。
 注意 全学部統一グローバル型との併願はできません。

入試要項

募集人員・試験日・出願期間・合格発表・入学手続期間

学部
学科・専攻
募集
人員
試験日
出願期間
合格発表
入学手続期間
第一次入学手続期間
第二次入学手続期間
入学金納入
一部書類郵送
(最終日消印有効)
学費等納入
一部書類郵送
(最終日消印有効)
経済
経済学科
18
2月2日(木)
1月5日(木)~1月24日(火)
(消印有効)
*1月25日(水)のみアドミッションセンター持参受付可
(午前9:00~午後1:00)
時間厳守 
2月9日(木)
2月10日(金)~2月24日(金)
2月28日(火)~3月10日(金)
経営学科
18
金融学科
13
人文
英語英米文化学科
13
ヨーロッパ文化学科
13
日本・東アジア文化学科
13
社会
社会学科
14
メディア社会学科
12
国際教養
国際教養学科
経済経営学専攻
5
国際教養学科
グローバルスタディーズ専攻
5

試験科目・試験時間・配点等

2教科、若しくは3教科について本学での試験を受験します。
3教科を受験した場合は、高得点の2教科を合否判定に使用します。
(国際教養学部国際教養学科経済経営学専攻及びグローバルスタディーズ専攻は外国語の受験が必須です。また、国際教養学科経済経営学専攻のみ数学基礎も必須であり、3教科若しくは4教科を受験します)
学部
学科
教科/試験科目
時限/
試験時間
配点
満点
経済
経済
外国語
コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、
コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ

選択
世界史B、日本史B、政治・経済、数学の4科目から1科目を選択
※数学出題範囲(数学I、数学II、数学A、数学B「数列・ベクトル」)
数学Aの出題範囲は全分野。

国語
国語総合(漢文を除く)
※古文は選択問題。
※古文を選択せずに、現代文だけでも受験可能です。 
※外国語・選択・国語の3教科から2教科を選択。

※3教科を受験することもできます。その場合、高得点の2教科を合否判定に使用します。 
1時限
60分
各100点
  200
経営
金融
人文
英語英米文化
2時限
60分
ヨーロッパ文化
日本・東アジア文化
社会
社会
3時限
60分
メディア社会


学部・学科
専攻
教科
試験科目
時限/
試験時間
配点
満点
国際教養
 ・
国際教養
経済経営学
外国語
コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ
1時限
60分
100点
  300
選択
世界史B、日本史B、政治・経済、数学の4科目から1科目を選択
※数学出題範囲(数学I、数学II、数学A、数学B「数列・ベクトル」)
数学Aの出題範囲は全分野。
※選択・国語の2教科から1教科を選択。

※2教科を受験することもできます。その場合、高得点の1教科を合否判定に使用します。 
2時限
60分
各100点
国語
国語総合(漢文を除く)
※古文は選択問題。
※古文を選択せずに、現代文だけでも受験可能です。
3時限
60分
数学基礎
※数学基礎出題範囲
数学I(数と式、二次関数、データの分析)、数学A(場合の数と確率、整数の性質)、数学II(いろいろな式、図形と方程式、指数関数・対数関数、微分・積分の考え)、数学B(数列)
※選択科目で数学を受験した場合でも数学基礎は必須
4時限
60分
100点
*基準点に満たない場合は、不合格とすることがあります
グローバルスタディーズ
外国語
コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ
1時限
60分
150点
  250
選択
世界史B、日本史B、政治・経済、数学の4科目から1科目を選択
※数学出題範囲(数学I、数学II、数学A、数学B「数列・ベクトル」)
数学Aの出題範囲は全分野。
※選択・国語の2教科から1教科を選択。

※2教科を受験することもできます。その場合、高得点の1教科を合否判定に使用します。 
2時限
60分
各100点
国語
国語総合(漢文を除く)
※古文は選択問題。
※古文を選択せずに、現代文だけでも受験可能です。
3時限
60分
◎受験教科は、出願時に届け出る必要はありません。
◎選択科目は、試験場で任意に選択することができます。
◎国語については三つの大問が出題されます。
 第一問(現代文)は必須問題ですので全員が解答します。
 第二問(現代文)と第三問(古文)は選択問題で、どちらかを解答します。
 第二問と第三問を両方解答した場合は高得点の解答を合否判定に使用します。
◎全学部統一グローバル型との併願はできません。

入学検定料

1学部につき
[*同一学部内であればすべての学科・専攻(最大3学科)に出願できます。]
[*経済学部は、原則として、経済学部のすべての学科に出願してください。]
[*出願後に追加出願することはできません。

35,000円

【2学部以上を出願する場合の割引制度】
2学部以上を出願する場合、2学部目以降の検定料は、1学部につき
[*割引制度は、一度のWeb出願で完了した場合のみ適用されます。

10,000円


★専攻は国際教養学部のみ設置

出願資格

  1. 高等学校(特別支援学校の高等部を含む。以下同じ。)又は中等教育学校を卒業した者(2023年3月までに卒業見込みの者を含む)。
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者(2023年3月までに修了見込みの者を含む)。
  3. 高等学校を卒業したものと同等以上の学力があると認められる者(2023年3月31日までにこれに該当する見込みの者を含む)。
    • (1) 外国において学校教育における12年の課程を修了した者(2023年3月までに修了見込みの者を含む)、又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの。
    • (2) 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者(2023年3月までに修了見込みの者を含む)。
    • (3) 専修学校の高等課程(修業年数が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者(2023年3月までに修了見込みの者を含む)。
    • (4) 文部科学大臣の指定した者。
    • (5) 高等学校卒業程度認定試験に合格した者(2023年3月までに合格見込みの者で、2023年3月までに18歳に達する者、及び大学入学資格検定に合格した者を含む)。
    • (6) 本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者で、2023年3月までに18歳に達する者。※1
※1 3(6) 個別の入学資格審査を必要とする場合は、出願に先立ち、2022年11月30日(水)までに必ずアドミッションセンターへお問い合わせください。

その他の入試要項を見る

【一般選抜】一般方式

【一般選抜】大学入学共通テスト方式

【総合型選抜】

その他【特別入試】