トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 人文学部GSC(英語プログラム)詳細

2回の留学で高度な英語力を身につけ、国や地域を超えた地球規模の課題に取り組む
GSC(英語プログラム)詳細

G S C( 英語プログラム)カリキュラム

GSC英語プログラムカリキュラム2019

授業紹介

Introduction to Global Civics
The objective of this course is to challenge students to exploreHow they can contribute positively at the local, national,regional and global levels. The course will provide studentswith the opportunity to develop an awareness of civicengagement, social change, and citizenship and to understandhow international cooperation is essential in the 21st Century.
私たちはある地方に暮らしながら同時に、日本という国、アジアという地域、さらにそれを包みこむ世界のなかで生きています。この授業では、我々自身を地球市民としてとらえてみることからはじめます。グローバル世界のなかで、我々はどんな責任を担っているのか、また協調によってどんな変革をもたらすことができるのか、考えてみましょう。

GSC 1st-Year Seminar
This class introduces GSC students to the demandsofaUniversity seminar, helping to equip them with the basicacademic skills required to research, present, report, andparticipate in discussion on an assigned topic. Students willalso begin to familiarize themselves with some of the differentdisciplinary content and methodological practices offeredwithin the GSC, in preparation for deciding their preferredconcentration in the second year.
ゼミ学修の入門的授業です。調べる・発表する・レポートにまとめる・議論に参加するといったゼミでの作業に求められる基本的なアカデミックスキルを身につけます。さらに2年次以降の学修における自身の重点研究分野を決めるための準備として、GSCに用意された分野それぞれの研究内容や方法論になじんでいくことになります。

Capstone Project
“Capstone Project” is a multifaceted assignment that serves asthe culminating learning experience of a student’s academiccareer. It is an opportunity for students to think critically, solvechallenging problems, and develop wide-ranging skills fromresearch, scholarly writing, media literacy, and public speaking,through to goal setting, planning, and self-sufficiency. Capstoneprojects will incorporate written, visual and oral presentationcomponents.
「CapstoneProject」とは学修の総まとめとして、4年次に1年をかけて行う研究プロジェクトです。Capstoneの原義は、石造りの壁や門、あるいはピラミッドの頂点に置かれる石のことですが、ここでは学びの総仕上げとして行う実践的な研究活動を意味します。自らの選んだテーマに取り組みながら、批判的思考力や問題解決力、口頭発表をする力、調査する力などを養います。研究の成果は、文章(論文)、画像・映像、口頭発表のいずれか(またはそれらの組み合わせ)によって、結実させます。

英語プログラム 4年間の学び

1年次
週4回の英語の授業で英語力を磨く

週4回の同一教員・同一教材による授業で、EAP(アカデミック英語と呼ばれる、海外での大学における授業受講に必要な英語スキル)の基礎力を身につけます。第2クォーターには海外集中英語研修(短期留学)に参加します。

・海外集中英語研修(8~10週間)GSC専用特別給付有
・コーチング

☆IMG_1004

arrow

2年次
英語習熟度をさらに高め、専門性を深める

週3回の授業によりアカデミック英語(EAP)力をさらに高めながら、本格的に始まるグローバル・スタディーズコースのゼミや講義での学修に取り組み、少しずつ専門性を深めていきます。自分の関心にあわせて、さまざまな科目を選択することができます。

・コーチング

study_image2

arrow

3年次
半年~1年間の留学で専門分野を追究する

前年度にAcademic Supervisorのアドバイスを受けながら留学先と履修科目を決めた上で、いよいよ念願の長期留学が開始されます。研究する分野によっては、2年次に引き続き本学での授業履修を継続することもできます。

・長期留学(半年~1年間)奨学金サポート有
・コーチング

PaceUniv1

arrow

4年次
「Capstone Project」で学びをまとめる

4年間の学修の総まとめとして、個人指導のもと、1年をかけて研究を行います。自ら選んだテーマに取り組み、その成果を論文や口頭発表に結実させます。研究を通じて批判的思考力や問題解決力、プレゼンテーション力などを養います。

・コーチング

study_image

正課外の個人指導「コーチング」で学生を徹底サポート
GSCでは講義もゼミも英語で行われるため、予習・復習は欠かせません。そこでさまざまな質問や相談に対応する「コーチング」という個別相談・指導制度を用意しています。英語検定試験スコアアップのサポートや留学準備支援なども行います。

coaching

2回の留学、成功する留学
1年次には、全員参加の8週間の海外集中英語研修が実施されます。そして、3年次には半年もしくは1年間の長期留学を強く推奨しています。1・2年次にアカデミック英語(EAP)の力をつけることで、この長期留学を成功に導きます。

Pace_Univ

to-top