国際教養学部2022年4月 開設

国際教養学部の特長

  1. 世界で学び、世界を知る教員陣

    日本国内において世界水準の学びを実現するため、海外大学での学位取得者をはじめ、国内外から多様な専門分野に精通した教員が集い、徹底した少人数教育を行います。各教員の授業においても、ディスカッションやフィールドワークなど、海外の大学同様にインタラクティブで能動的な学習をサポートします。

  2. 英語運用能力の育成

    授業は英語で行われる科目を中心に構成されており、実践的で高度な英語運用能力が身につきます。また、それらの授業の履修を可能にするため、各専攻では英語運用能力向上を目的とした集中的なカリキュラムも準備。海外研修、留学、海外インターンシップなど、語学力だけでなく異文化に触れて視野を広げる機会を設けています。

  3. 視野を広げるリベラルアーツ&サイエンス

    専攻の枠を越えて履修可能な学部共通科目を開設。さまざまな社会課題に対応するために必要な基本技能 ・実践力を養う科目や、両専攻の学生が学ぶ意義のある科目が配置されています。多様な科目履修により、世界の文明と社会に関する幅広い知識、深い思考力と判断力、知的創造力、問題発見·課題解決能力が身につきます。

経済経営学専攻(EM専攻)

世界レベルの経済・経営学を学びロンドン大学の学位取得をめざす

武蔵大学の学位と並行してロンドン大学の経済経営学士号の取得をめざす「パラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」を軸に据え、少人数での質の高い授業を展開します。日本にいながら、世界水準の経済・経営学の知見を身につけることはもとより、高い英語力と教養、そして統計分析の手法を兼ね備え、グローバルに活躍できる人材を育成します。
国際教養学科 経済経営学専攻(EM専攻)

*掲載内容は予定であり、変更になる場合があります。

グローバルスタディーズ専攻(GS専攻)

英語と異文化体験を通してグローバル人材を育てる

国境を越えて人や情報が行き交う現代、世界は従来の枠組みでは解決困難な課題に直面しています。これらを見据え、GS専攻では高度な語学力を養うとともに、国際関係、コミュニケーション、文化の側面から学際的に学びを深めます。さらに留学や異文化体験を通して、地球規模の課題と向き合うグローバルリーダーを育成します。
国際教養学科 グローバルスタディーズ専攻(GS専攻)

*掲載内容は予定であり、変更になる場合があります。