数学基礎

出題範囲

「数学Ⅰ」数と式、二次関数、データの分析
「数学Ⅱ」いろいろな式、図形と方程式、指数関数・対数関数、微分・積分の考え
「数学A」場合の数と確率、整数の性質
「数学B」数列

出題の意図

 国際教養学部経済経営学(EM)専攻を志望する方のみに必須の科目です。
 EM専攻の学びの柱であるPDPは、武蔵大学の学位とともに、ロンドン大学の学士号(Bachelors of Science in Economics and Management)の取得を目指すプログラムですが、PDP履修には一定の数学の素養が必要となります。
 そこで、経済学を学ぶ上で必須の数学分野に絞りつつ、各分野の基本的事項に関する理解度を確認することを意図した問題を出題する科目として「数学基礎」を設け、これを必須とします。
 問題の難易度は、教科書の例題や練習問題のレベルを中心として、計算問題や基礎的な文章題、標準的な問題となります。分量や難易度については、下記サンプル問題をご確認ください。

サンプル問題

Contact Usお問い合わせ

武蔵大学入試課

Tel
03-5984-3715
住所
〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
お気軽にお問い合わせください