トップ
大学案内
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 社会学部 メディア社会学科私の研究テーマ

メディア社会学科 私の研究テーマ

私の研究テーマ
セルフドキュメンタリー制作
2011年の原発事故により原発避難民となった「自分と家族のセルフドキュメンタリー」を制作。5年間にわたって撮影したものを編集した。被災者という立場へのコンプレックスや、カメラを回したことによる家族の関係性の変化も描いている。

media_mes

メディア社会学科 メディアプロデュースコース(旧) 2017年3月卒業
福島県・県立原町高等学校出身
就職先:日本放送協会(NHK)

東日本大震災の原発事故によって、私の家族は原発避難民となりました。当時、高校生だった私はとにかく記録しなくてはいけないと、家族や周囲の人々をカメラに収めはじめたのです。使命感のようなものに動かされていました。大学に進学してからも、帰省するたびにカメラを回しました。父と口論になったこともありました。卒業制作のテーマに決めたのも、私にとっては必然でした。テレビで紹介される福島と、私が知る福島が違うことを伝えたい。被災者であることの悩みを共有したい。そんな思いを抱きながら、200時間以上におよぶ記録映像を編集するという作業に取り組みました。就職活動との両立は精神的にも肉体的にも大変でしたが、先生の励ましや専門的なアドバイス、撮影のなかで考えたこと、就職活動のなかで考えたことをそれぞれ生かし、プラスの効果をもたらすことができたと思います。最終的には、私自身がドキッとする瞬間をつなぎ合わせ、50分を超える作品に仕上げました。作品はもちろん、卒業制作を通じて自分と家族、そして自分と被災地の問題に向き合ったことが、強い意志やタフさをもたらしてくれたと思います。

※2017年4月コース改編。旧カリキュラムのコースに所属する学生を紹介しています。

to-top