トップ
大学案内
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 社会学部 社会学科私の研究テーマ

社会学科 私の研究テーマ

私の研究テーマ
若者の政治参加としての社会運動
「若者の投票率は低く、政治に興味がない」という言説が流布するなかで、なぜ若者がデモなどの社会運動に参加し、政治的な主張をするようになったのか。社会運動の形態の変化やデモで使用されるツールの変化についても注目しながら研究した。

syakai_mes_glo

社会学科 社会とグローバリゼーションコース(旧) 2017 年3 月卒業
埼玉県・県立所沢北高等学校出身
就職先:地方自治体

3年次の大橋ゼミで人権問題やヘイトスピーチなどについて研究し、社会運動に関心を持ちました。当時、特定秘密保護法などが注目を集め、若者たちのムーブメントがマスコミで取り上げられていたため、若者の社会運動をテーマとした卒業論文に挑みたいと考えたのです。しかし2万字以上の文章を書くことができるテーマなのか、当初は不安もありました。そのため、とにかく関連する書籍を読み込もうと、20 冊以上の本を熟読しました。そして重要だと考える部分を引用し、自分なりの考えも書いていきました。一方で、現場を知り、客観性を確保する必要もあると考え、賛成・反対両派のデモに足を運びました。また、社会運動に参加している3名の方へのインタビュー調査も行いましたが、そこでは質問項目を考えることの難しさを痛感しました。質問内容によって回答が大きく変化するからです。そこで、先生やゼミ仲間から意見を求め、議論することで自分にはない視点から見直していきました。そして書いた文章を精査し、重要なところは残し、不必要な部分は削るという積み重ねで、卒業論文の質を高めていくことができました。

※2017年4月コース改編。旧カリキュラムのコースに所属する学生を紹介しています。

to-top