トップ
大学案内
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 社会学部 メディア社会学科ゼミ紹介

メディア社会学科 ゼミ紹介

基本的なゼミのステップ

ステップ

1年次

メディア社会学初年次基礎ゼミ メディア社会学初年次応用ゼミ
メディア社会学を学ぶための基礎をつくる1年次。前期の「基礎ゼミ」では、学生自身が関心を持つ現代社会の様相を考えるために、『ゼミで学ぶスタディスキル』を用いて文献の選び方からレポート作成、レジュメの作成まで学びます。後期は「応用ゼミ」でディスカッションやディベート、各種コンテンツの活用法などを学びます。

2年次

メディア社会学方法論ゼミ
15名程度のクラスで実践的な実習を行います。メディアの内容分析やアンケート調査、街や施設のフィールドワークやルポルタージュの方法を学ぶほか、公共広告やドキュメンタリー映像の制作を行ったり、PCソフトを用いて雑誌のデザインやWeb サイトの構築をしたりするなど、メディアコンテンツの制作を現場の感覚を養いながら学びます。

3年次

メディア社会学専門ゼミ
3年次からは専門ゼミがスタート。卒業までの2年間をかけて、卒業論文か卒業制作(作品)を仕上げます。自分のテーマを決めることを意識しながら、先生との交流、ゼミ生同士の協力を通して研究活動に取り組みます。テーマに沿った専門的な文献を輪読したり、グループや個人で卒業論文・卒業制作につながるプレ研究に挑みます。

4年次

メディア社会学卒業研究ゼミ 卒業論文・卒業制作
3年間で学んださまざまな知識と技術を土台に、さらに高度なレベルの研究をめざします。4年間の成果は卒業論文として、あるいは印刷物・映像作品などによる卒業制作として提出されます。

ゼミ一覧

to-top