トップ
武蔵の学び

ニュース一覧7/14(土)・15(日)「被爆者の声をうけつぐ映画祭2018」が開催されます

2018.5.22

武蔵大学

社会学部

イベント

7/14(土)・15(日)「被爆者の声をうけつぐ映画祭2018」が開催されます

7月14日(土)・15日(日)に、「被爆者の声をうけつぐ映画祭2018」が、本学で開催されます。社会学部メディア社会学科 永田浩三 教授がコーディネイトと司会を務めます。
「被爆者の声をうけつぐ映画祭」は、これまでの活動が評価され、2017年度の日本映画復興賞を受賞しました。
初日の14日(土)に俳優の吉永小百合さんをゲストにお迎えするなど、今年もさまざまな企画がそろいました。
ぜひ、お運びください。

■開催日程:2018年7月14日(土)・15日(日)

■会場:武蔵大学
    14日 大講堂
    15日 50周年記念ホール(8号館8階)
 
※15日の会場が50周年記念ホール(8号館8階)に変更となっております。ご注意下さい。

■主催:被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会
    武蔵大学社会学部メディア社会学科永田浩三ゼミ

■後援:日本原水爆被害者団体協議会 
      ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会
      練馬・文化の会

■ご予約・お申込み・お問い合せ:被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会

電話:03-5466-2311(共同映画)
    090-1793-6627(金子)
FAX:03-5466-2312(共同映画)
メール:eigasai@gmail.com    

プログラム・入場料金等の詳細は、下記よりご確認ください。

→「被爆者の声をうけつぐ映画祭2018」Facebook




被爆者の声をうけつぐ映画祭2018

to-top