トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧江古田ミツバチ・プロジェクト10周年事業「ハチはこんなに身近な存在~蜂の子を食べながら振り返ろう~」が行われました

2019.11.22

武蔵大学

お知らせ

基礎教育

PickUp

お知らせ

江古田ミツバチ・プロジェクト10周年事業「ハチはこんなに身近な存在~蜂の子を食べながら振り返ろう~」が行われました

11月16日(土)に本学にて江古田ミツバチ・プロジェクト主催による「ハチはこんなに身近な存在~蜂の子を食べながら振り返ろう」が開催されました。本学学生による司会進行のほか、前日から活動の紹介コーナーを準備設営するなど、学生の積極的な参加で運営されました。
当日は、三島暁子氏(武蔵大学非常勤講師)による講座「こんな利用法もあったのか、食べるだけじゃなかった意外なハチミツとミツロウ―日本文化とハチ―」や、野中健一氏(立教大学文学部教授)による昆虫食の講座「世界は虫を(おいしく!)食べている―蜂の子食の可能性、日本と中国―」が開催され、参加者は熱心に耳を傾けました。
また、講座の後はヘボ(クロスズメバチ)のご飯やハチミツを実際に試食するなど、講座での学びを深めました。
時間プログラム担当・講師場所
13:30~代表挨拶 江古田ミツバチ・プロジェクト10周年にあたって谷口紀昭 (江古田ミツバチ・プロジェクト代表) 3224教室
13:45~講座①こんな利用法もあったのか、食べるだけじゃなかった意外なハチミツとミツロウ―日本文化とハチ―三島暁子 氏(武蔵大学他非常勤講師)
14:25~講座②世界は虫を(おいしく!)食べている―蜂の子食の可能性、日本と中国―
 
野中健一 氏(立教大学文学部教授)
15:30~実演と懇談会 ヘボご飯とハチミツ試食つき懇談会  9302教室

主催:江古田ミツバチ・プロジェクト
共催:東京地蜂クラブ
協力:武蔵大学

谷口代表挨拶

江古田ミツバチ・プロジェクト代表谷口氏の挨拶

三島氏による講演

三島氏による講演

スズメバチの菓子

ヘボ(クロスズメバチ)の高級菓子
to-top