トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧メディア社会学科 庄司昌彦 教授が「2019 International Open Data Summit」のモデレータとして登壇します

2019.10.7

武蔵大学

PickUp

社会学部

twitter

facebook

お知らせ

メディア社会学科 庄司昌彦 教授が「2019 International Open Data Summit」のモデレータとして登壇します

社会学部メディア社会学科 庄司昌彦 教授が、内閣官房IT総合戦略室などが主催する「2019 International Open Data Summit」(10月8日(火)開催)にモデレータとして登壇します。

「2019 International Open Data Summit」」とは
Asia Open Data Partnership (AODP) は、アジア各国・地域の文化とニーズを踏まえたオープンデータの普及と活用、情報共有、国際協力等を目的に、台湾の呼びかけで2015年10月14日に設立され、日本も2017年から参加しています。AODPでは、各国・地域のオープンデータの活用を促進するハッカソン(Open Data Challenge)の運営と、「International Open Data Summit」を毎年1回開催しています。
本Summitは、アジアを中心とした各国・地域におけるオープンデータの普及・活用に関する活動の進捗状況や課題等の情報共有、パネルディスカッション等を通じて、オープンデータの普及促進を目的として開催します。
to-top