トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧社会学部 メディア社会学科 庄司昌彦 教授が「東京都オープンデータ アイデアソンキャラバン2019」の総合アドバイザーを務めます

2019.8.2

武蔵大学

PickUp

社会学部

twitter

facebook

お知らせ

社会学部 メディア社会学科 庄司昌彦 教授が「東京都オープンデータ アイデアソンキャラバン2019」の総合アドバイザーを務めます

「東京都オープンデータアイデアソンキャラバン2019」とは
東京都では、行政が保有するデータを、機械判読可能な形式、二次利用可能なルールにより公開することで、行政の透明性や住民サービスの向上等を目指すオープンデータの取組を推進しています。
今年も、ITに関する知識を問わず、多様な参加者によるグループディスカッションを通じて、オープンデータを活用した行政や地域の課題解決のアイデアを生み出す「アイデアソン」を都内3地域で開催します。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が来年に迫る中、今年のテーマは「観光」です。
to-top