トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧【武蔵学園百周年記念事業】武蔵高等学校中学校「理科・特別教室棟」の建設を開始します

2016.5.27

武蔵大学

武蔵学園

PickUp

お知らせ

お知らせ

【武蔵学園百周年記念事業】武蔵高等学校中学校「理科・特別教室棟」の建設を開始します

学校法人根津育英会武蔵学園は、学園百周年記念事業の一環として、武蔵高等学校中学校の「理科・特別教室棟」建設工事に着手します。

本学園では、経営戦略として理事長ドクトリン「まなざしを世界に向け、 21 世紀の課題を担う国際人を育てる学校を目標とする」を掲げ、それを教育研究面で具体化する学園長プランにおいて「世界に開かれたリベラルアーツの学園となることをめざす」としています。今回の武蔵高等学校中学校「理科・特別教室棟」の建設は、これらを受けて旧制七年制の武蔵高等学校以来続けてきた、中等教育におけるLiberal Arts & Sciencesを重視する教育を一層強化するために、理科教育における実験施設や、英語、数学その他の少数教育のための分割教室(演習室)等の充実を図るものです。

「理科・特別教室棟」は濯川(すすぎがわ)のほとり、ほぼ学園の中央に位置しています。今後、日本の教育が大きく変わろうとしている中で、武蔵の学びもそれに先駆けて変わります。施設を含め、武蔵の学びが新たな教育のあり方を示していきます。
【概要】
名称:武蔵高等学校中学校「理科・特別教室棟」
所在地:東京都練馬区豊玉上1-26-1
工期:2016(平成28)年7月~2018(平成30)年12月(既存施設の改修を含む)
総事業費:約26億円
建築面積:1,410平米(426坪)
延床面積:5,686平米(1,720坪)
構造・規模:鉄筋コンクリート造 地上4階(一部5階)
外壁:コンクリート吹付塗装仕上
施工:清水建設(株)
設計・監理:
 ●基本設計=三菱地所設計(株)
 ●実施設計・監理=(株)武蔵エンタープライズ

【工事スケジュール】(予定)
2016年9月頃 工事開始
2018年3月頃 工事終了
2019年4月頃 既存施設の改修も行い、すべての新施設使用開始

【各階の教室構成】
1・2階:芸術教室、芸術研究室、視聴覚教室、大会議室・保健室、相談室、演習室、家庭科調理室、英語・数学・第二外国語の各研究室
3・4階:理科関係の実験室・研究室、部室
屋上:天体観測ドーム


〈お問い合わせ先〉
総務部総務課 TEL:03-5984-3712

高中理科・特別教室棟

完成イメージ図
to-top