トップ
大学案内
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 経済学部 経済学科私の研究テーマ

経済学科 私の研究テーマ

私の研究テーマ
日本企業の倒産・廃業の将来
倒産や廃業した企業のデータをもとに、どのような要因が倒産・廃業を引き起こすのか分析。販路開拓や事業継承など、中小企業が抱える問題を提示する一方、分析結果から未来の倒産・廃業を予想し、その対策についても考察した。

経済学科2018卒業生

経済学科 経済学と現代経済コース2017年3月卒業
東京都・私立日本大学第二高等学校出身
就職先:株式会社クロスフィールド

三学部横断ゼミの授業のなかで、中小企業の会長にインタビューする機会があり、そこで中小企業の倒産や廃業に関する現状を知りました。そして、インターンシップ先の学習塾で使用していたチョークの製造・販売企業が廃業したというニュースにふれたことで、卒業論文で取り上げたいと考えるようになったのです。ただ、倒産や廃業に関するデータにあまり接したことがなく、まずは論文や書籍で知識を蓄えることから始めました。はじめのうちは毎日10時間以上、文献やインターネットでの調査に費やしていたと思います。そして、企業の廃業社数から投資への意欲、社長の方針まで、帝国データバンクをはじめとした多様なデータを収集。ゼミで学んできた統計学を用いて、分析を行っていきました。また、中小企業診断士の方の著書からヒントを得たのですが、倒産に関するデータ分析に終始するのではなく、それらのデータをいかに成長につなげていけるか、卒業論文では、その点を示したいと考えました。コンサルティング会社に就職が決まりましたが、この卒業論文制作の経験は、今後企業の課題を解決していく上で役に立つと考えています。

to-top