トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧【MCV】韓国イベントを開催しました

2018.12.10

武蔵大学

グローバル教育

イベント

【MCV】韓国イベントを開催しました

MCVイベント報告

今年度のコリアンイベントが12月5日の4限目に行われました。
今回のテーマは「韓国の食」。韓国料理研究家であり、新大久保で韓国大使館御用達の韓国料理店を営まれている朴賢子(パク・ヒョンジャ)先生をお迎えして、キムパプの作り方を教えていただきました。キムパプとは韓国式海苔巻きのことで、塩とゴマ油で味付けしたご飯に、たくあんやゴボウ、スパムハム、キュウリなどをのせて、海苔で巻いたものです。
食べたことはあっても、自分で作ってみるのは初めての人がほとんどでした。

まず、先生にキムパプの作り方を教えていただいてから、各テーブル4人ずつに分かれて実際に作ってみました。キムパプは巻くのも切るのもコツがいるのですが、あちこちから成功の歓喜の声が聞こえてきました。そして、上手に作れた2チームを先生が選んで賞をくださいました。

また、キムパプの他にもトッポキ(韓国の赤くて辛くて少し甘い餅)や、似ているけれどちょっと違う、日本と韓国のお菓子も味わいました。飲み物も、韓国で人気のコグマ・ラテ(サツマイモラテ)や、ユルム茶(ハト麦とナッツ入りのお茶)などが準備され、参加者は何を飲もうか迷っていました。

試食の後には、学生が準備した韓国の食に関係したクイズや、韓国のゲーム(007パン!)で楽しみました。

今回も日本・アジア文化学科2年生で韓国語履修者が中心になって行われましたが、留学生などのゲストも参加して約40名の参加者でした。

韓国イベント2018

韓国イベント2018

韓国イベント2018

to-top