トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧本学留学生と練馬小学校の交流会が行われました

2015.7.1

武蔵大学

PickUp

国際センター

お知らせ

本学留学生と練馬小学校の交流会が行われました

毎年、外国語学習支援の一環として、本学留学生と練馬区立練馬小学校との交流会を行っています。6回目となる今回は6月25日(木)に、留学生4名と小学4年生68名が参加しました。

20150625_01_練馬小学校との交流

■留学生の自己紹介
留学生たちは、黒板にカタカナで自分の名前を書き、出身の国、地域、大学について話し、ご挨拶。

20150625_02_練馬小学校との交流

■じゃんけんゲーム(留学生対クラス全員)
じゃんけんは、留学生の出身ごとにフランス式とアメリカ式で行いました。どちらもすぐに慣れて、和やかな雰囲気でした。
①フランス式
背中にじゃんけんをする手を隠し「パピエ、ピエーレ、シザー」の掛け声と共に、3つのうちどれかを出す。
②アメリカ式
「ロック、シーザース、ペーパー」「シュー」3つのうちどれかを出す。



 

20150625_03_練馬小学校との交流

■小学生から留学生への質問
Q.フランスで美味しい食べ物は?→A.バケット、スイーツ
Q.なぜ日本に来たのですか?→A.アニメなどを見て、興味がわいた など
Q.日本でどこに行きましたか?→A.奈良、箱根、高尾山、雲取山、博多・・・・
Q.日本の印象は?→A.街にゴミ箱がないのにきれい 
など

20150625_04_練馬小学校との交流

■給食
留学生も小学生の大きな輪の中に入り、給食を味わいました。メニューは、シチュー、シュガートースト、サクランボ、牛乳。児童に給食の感想を聞かれて、「大勢での食事は、楽しく美味しい!」と留学生。
始終、笑顔がたえない交流会となり、授業の最後に、留学生4人とクラス全員が握手を交わしました。
武蔵大学は、今後も地域との連携をより一層強めてまいりたいと思います。
to-top