トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 社会学部〈NEW!〉グローバル・データサイエンス(GDS)コース

2017年度社会学部に新設!「英語」と「データ」の両方を身につけるコース
グローバル・データサイエンス(GDS)コース

「データ」はグローバル時代の共通語

グローバル時代において、世界共通のエビデンスとなるのは、まさに「データ」です。信頼できる統計、適切な手 法で収集された情報、そしてオープンデータやビッグデータと呼ばれる、未利用のまま組織に眠っているデータ群。こうしたデータをきちんと分析し、その結果 をもとにエビデンスベースで語れる人材を世の中は求めています。社会学部グローバル・データサイエンス(GDS)コースは、新しい時代 の 世界共通語である「英語」と「データ」両方を大学時代にしっかり身につけようという、ちょっと欲張りなコースです。普通にイメージする大学生活より、少 し、いや、かなり大変かもしれません。しかしながら、この4年間の学びは、あなたをきっと、真の意味でのグローバル人材に変えていくはずです。
国際化が進展し、グローバル社会の到来が叫ばれるなか、日本社会では国際化に向けて「英語」がこれまで以上にクローズアップされています。事実上 の世界共 通語である英語に対して苦手意識を持つことなく、当たり前のように聞き、話せることは、これからの時代を生きる若者にとって必須の能力であるといえるでしょう。しかしながら、現代社会における世界共通語は英語だけなのでしょうか。英語できちんと挨拶し、会話を楽しめることは重要です。

し かし、それだけでは他者に自分の主張を理解させ説得することはできません。いいたいことをいうだけではなく、いいたいことを納得させるには、エビデンス (根拠)が必要となります。

 グローバル・データサイエンス(GDS)コースの目的

グローバル時代にふさわしい社会学的視野とデータサイエンス・スキルを身につけます

  • 広い社会学的視野と高度な社会科学的スキルを持つ人材を養成します。
  • 特に広義のデータサイエンス(多彩な情報を取り扱う多様な社会科学的方法論)としての社会調査の方法論や情報の活用スキルに習熟し、さらに狭義のデータサイエンス(ビックデータの科学的取り扱い)にも対応できる人材を育成します。
  • 異なる文化圏での勉学を必須とすることで、グローバルな視点を持つ人材を育成します。
  • 学問分野を限定せず、リベラルアーツ(文系・理系にとらわれない幅広い知識や教養)指向の履修をします。

4年後にはこんな能力を獲得できます

01 
国際化に対応した
英語に代表される語学力

外国語現地実習などの、豊富な語学の学びで培います。
02
説得力あるエビデンスをつくり出す
データマイニング能力

さまざまな社会調査・分析のための方法科目が準備されています。

03 
社会の課題を解決する上で必要な、
対話力、共感力、調整力

1年次から4年次まで、ゼミの武蔵ならではの豊富なゼミで鍛えます。
04 
自学びを実社会で活かすための、
実行力、表現力

GDS 実践や卒業活動など、社会そのものがフィールドです。

 グローバル・データサイエンス(GDS)コースの特色

  • 社会学科、メディア社会学科、どちらに所属していてもGDS コースに所属可能です。
  • 社会学やメディア研究の幅広い方法論を、基礎から応用までカバーしたカリキュラムを導入します。
  • 特に文系学部では希少な、本格的なデータサイエンス関連の科目を複数設置します。
  • 1年次の集中的な英語のトレーニングと、2~3 年次の「GDS実践」で、グローバルに活躍できる視野と能力を育成します。
  • 学科の枠にしばられにくい、自由度の高い学修制度とするほか、他学部の授業も多く履修できます。

必修科目および履修推奨科目からみたGDSコースの4年間

GDSコースの4年間

学びのポイント

  • 1年次には、クオーター(4学期制)での授業運用を実施。「外国語現地実習」などによって集中的な英語学習を実現し、異なる文化圏での勉学の基礎を築きます。
  • 2~3年次に、一定期間以上の異文化体験などの機会、あるいはGDSコースにふさわしい諸実践の機会を持つことを課し、グローバルな視点を醸成します。
  • 「デー タサイエンス基礎」などを含む、社会学研究およびメディア研究に必要な、基礎的な方法科目の多くを履修し、社会調査とデータ利用の基礎を養います。また、 データサイエンスに関連する科目を含む、社会調査の方法論およびデータ用スキルに関わる科目を多く履修することで、社会学的な方法論に習熟した上で、確かな技術にもとづいた社会分析を実施できる力を養います。
  • 卒業研究に関わる科目も含めて履修に関する学科の制限を最小限とし、広い視野にもとづいた研究を可能とします。
  • GDS コースに所属する学生に対して、早期卒業制度の適用を可能とします。

「GDS実践」とは?

GDSコースの学生は、「GDS実践」と称し、2~3年次の間に一定期間のグローバル体験・現場体験を積みます(卒業単位に含まれます)。以下のような内容を想定しています。
  1. 協定留学・認定留学・テンプル大学ジャパンキャンパスへの国内留学
  2. 国際ボランティア・国際インターンシップ・私費留学・データサイエンス系の職業体験等
  3. ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)への参加 ※入学時にGDSコースの登録と同時にPDPへの登録が必要です。

GDSコースカリキュラム

GDSコースカリキュラム

想定される卒業後の進路

GDSコース卒業者の進路としては、グローバル化する社会への対応が必要な企業、政府組織、非営利組織などが考えられます。そのなかでも下記のように、データ分析を必要とするような、創造性の高い職種への就職が期待されます。
<例>
●グローバル化に直接関わる企業
●商社・金融・証券・保険業等
●一般国内企業の海外進出部門 
●外資系企業の国内スタッフ
●国内中小企業のグローバル対応人材
●教育機関のグローバル対応人材
(国際センター、留学関連部門等)
●国内観光産業 

●広告代理店 
●自治体職員
●コンサルタント(都市計画、人材育成) 
●まちづくり系企業
● NPO・NGO 職員 
●国際機関職員 
●社会起業家 など
すでに、近年の社会学部卒業生の就職先として、下記のような実績があります。

(株)アサツー ディ・ケイ、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)、クックパッド(株)、KDDI(株)、(株)サイバーエージェント、(株)サイバー・コミュニケーションズ、(株)セゾン情報システムズ、(株)帝国データバンク、ニフティ(株)、トランス・コスモス(株)、(株)日立システムズ、(株)マイナビ、(株)マクロミル、三菱UFJ インフォメーションテクノロジー(株)、(株)ヤマトシステム開発 など 
to-top