トップ 研究成果・刊行物武蔵社会学論集『ソシオロジスト』

ソシオロジスト(武蔵社会学論集)

投稿規程

1998年6月制定
2002年4月改定
2004年6月改定
2006年5月改定
  1. 投稿する原稿は社会学関係の論文・研究ノート・書評などとする
  2. 論文の投稿は、武蔵社会学会の会員、および評議員会がきめた者に限る
  3. 原稿は未発表のものとする
  4. 原稿は、別記の投稿規程付則および執筆要項にしたがい作成・提出されるものとする
  5. 原稿は400字詰原稿用紙50枚(図表、注、文献リスト、要約を含む)を目処とし、30~80枚の幅を考慮する。原稿はワードプロセッサにて作成し、要約は邦文600字以内とする。英文要約の掲載には応じる
  6. 投稿する者は事務局に、CD-R、FD等の電子媒体および印刷原稿のコピー1部(A4判用紙をタテ長ヨコ書きで使用する。要約を含む)を提出する。ただし、査読対象者の場合には、印刷原稿のコピー3部を提出すること
  7. 原稿は査読の結果、加筆修正を求めること、あるいは投稿論文を却下することがある
  8. 外国語による投稿は、必要に応じて考慮する
  9. 掲載論文等は、原則として、電子化して一般に公表する

付則

  1. 別紙(A4判用紙1枚をタテ長ヨコ書きで使用)に、400字詰換算枚数、題名(英文タイトルを併記)、所属、氏名、欧文氏名、連絡先(郵便番号、住所、電話番号、ほか)、ワープロパソコンの使用機種名、使用ソフト名を明記のうえ提出する
  2. 図表の製版に関しては、実費を徴収することがある
  3. 抜刷は1タイトルにつき50部を投稿者用に供する。規定以上に必要とする場合は、その部数を投稿希望の表明においてその用紙に明記する。ただし、規定以上の抜刷作成に要する費用は投稿者の負担とする
  4. 当 分の間各年度、投稿希望の表明締切(付則5の書式用紙の提出)は、5月末日とし、投稿原稿の提出締切は、査読対象者は9月20日とする。それ以外の投稿者 は10月20日とする。査読期間を11月に、再提出原稿の点検を12月にあてる。当該年度1~2月を校正期間にあて、年度末3月刊行の運びとする査読につ いて、評議員会で申し合わせを確認する
  5. 投稿希望の表明は、A4判用紙1枚をタテ長ヨコ書きで使用し、題名(仮題名で可)、予定枚数(400字詰換算)、所属、氏名、連絡先(郵便番号、住所、電話番号、ほか)、および必要があれば特記事項を記述する。なお、電子化公表を希望しない場合は、その旨を明記すること
  6. 原則として編集は、投稿原稿の受領受付の順とする。ただし、特別の編集方針をとる場合はこの限りでない
  7. 提出先はすべて下記に示す通りである

執筆要項

1998年6月制定
2000年2月改訂
2004年6月改定
  1. 原稿は、A4判用紙に33字×28行とする
  2. 原稿の構成は、題名、英文タイトル、氏名(所属)、邦文要約、本文、注、文献リストの順とする
  3. 題名、要約、本文、注、文献リストともに邦文は全角文字とし、数字、記号、欧文、ローマ字は原則として半角文字とする
  4. 要約と本文(および各章間)、注、文献リストの間には1行空白行をとる
  5. 図表は鮮明に描かれたものとし、そのコピーをプリントアウト原稿3部の当該箇所に貼付、図表本体は1葉ごとにA4判別紙に貼付の上、連番号をつけて提出する
  6. 註は、本文該当箇所に半角カッコ付きの番号(例1)2)…)を記入し、註本体は本文末尾に一括する
  7. 引用文献は、当分の間、原則として現行の『社会学評論』(日本社会学会)の「執筆要項」の3.の書式に準じるものとする

お問い合わせ先

お気軽にお問い合わせください
武蔵大学総合研究所  〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
                                 TEL:03-5984-3735    FAX:03-5984-3775

お問い合わせ

to-top