ニュース一覧武蔵大学総合研究所研究員の本間洋子氏が「第10回 林屋辰三郎芸能史研究奨励賞」を受賞しました

2015.6.1

総合研究所

総合研究所

PickUp

武蔵大学総合研究所研究員の本間洋子氏が「第10回 林屋辰三郎芸能史研究奨励賞」を受賞しました

武蔵大学総合研究所研究員の本間洋子氏の研究業績が、芸能史研究会の「第10回 林屋辰三郎芸能史研究奨励賞」を受賞しました。

中世後期の香文化 香道の黎明
受賞著作『中世後期の香文化-香道の黎明-』(思文閣出版、2014年) は、
香道の発生期である中世後期の香文化を一次史料より考察したもので、香道に関する初の実証的研究となります。

「香道は日本独自の芸道でありながら、その研究は少なく、
文化史上でも特殊な分野として扱われがちでした。
文化史における香の位置を見直すきっかけとなれれば、ありがたく存じます」

(本間洋子研究員の受賞コメント)

授与式は、2015年6月7日(日)に、同志社女子大学 今出川キャンパスで行われる予定です。


■ 「林屋辰三郎芸能史研究奨励賞」とは…
若手研究者の育成と奨励を目的とし、同時に優れた業績を上げた若手研究者を表彰するために、
芸能史研究会の創立者で初代代表でもあった林屋辰三郎先生のお名前を冠して、平成17(2005)年に設置されました。

to-top