トップ
武蔵の学び

トップ 就職・キャリア 先輩からのメッセージ卒業生メッセージ(社会学部)

先輩からのメッセージ

社会学部

学生生活で磨いた力が就職活動に生かされた

syakai01

社会学部 社会学科 2017 年3月卒業
東京都・私立本郷高等学校出身
就職先:キユーピー株式会社

社会運動論がテーマの松井ゼミで学びました。ゼミでは積極的に意見をいうことが求められるため、ディスカッション能力が磨かれました。また、テニスサークルのキャプテンとしてチームをまとめた経験から、リーダーシップも身についたと思います。これらの力は就職活動にも生かされ、今後仕事をする上でも支えになると感じています。そして、就職先においても自身の力を発揮し、日本の食文化や人々の健康のために尽力していきたいです。

個別面談で自分の強みを再確認。自信を持って就職活動に臨んだ

syakai02

社会学部 メディア社会学科 2017 年3 月卒業
東京都・私立順天高等学校出身
就職先:楽天株式会社

キャリア支援センターの個別面談を、就職活動が本格化する前から利用しはじめ、多いときは週に2~3回利用しました。面談のなかで職員の方から「人間味あふれる人だね」といわれたことがきっかけで、自分を表現する軸が決まりました。それ以降、エントリーシートや面接の内容に一貫性を持たせることができ、自信を持って就職活動に臨めるようになりました。今後は、スピード感ある仕事をし、周囲を明るくできる社会人になりたいと考えています。

社会2017キャリア_01

すべての子どもが力を伸ばせる
社会をつくっていきたい
社会学部 社会学科
2016年3月卒業
神奈川県・県立新城高等学校出身
就職先:文部科学省
「学校文化の社会学」の授業で、子どもの将来の社会階層が家庭環境と学校教育によって親から相続されると知り、文部科学省で教育行政に従事したいと考えるようになりました。就職活動中はキャリア支援センターで何度も面接練習をし、複数の職員の方に見てもらうことで修正のポイントを絞ることができました。今後は、どんな環境に生まれた子どもでも力を伸ばせる社会をつくるために、仕事に励んでいきたいと思います。

社会2017キャリア_02

被災地支援にかかわるなかで、
ITの可能性を強く感じた
社会学部 メディア社会学科
2016年3月卒業
東京都・私立武蔵野女子学院高等学校出身
就職先:ニフティ株式会社
エントリーから内定を得るまで、ほぼ毎日キャリア支援センターに足を運び、何度も面談していただきました。ゼミでは東日本大震災をテーマにした番組制作に携わり、NPOで被災地を支援する活動も行いました。そのなかで海外とも簡単につながることができるITに大きな可能性を感じ、就職先の企業に出会うことができたのです。今後は、大学で学んだ知識を生かし、ITで地域と人をつなげる仕事がしたいと考えています。

2016_キャリア06

早い段階から進路を決め、
試験対策をしたことが好結果に
社会学部 社会学科
2015 年3 月卒業
東京都・都立井草高等学校出身
就職先:愛知県庁
2 年次に公務員になりたいと考え、試験勉強を開始しました。早期から取り組んだ理由は、専門試験は法律と経済が中心で、社会学部の私にはなじみが薄いものだったからです。進路を早いうちから考えて行動したことで、配点の高い筆記試験でも高得点を取ることができました。今後は、多彩な魅力を持つ愛知県がさらに発展するよう、新しい魅力や価値を生み出すことに貢献したいと思います。

2016_キャリア07

キャリア支援センターの方との
個別面談でリラックス
社会学部 メディア社会学科
2015 年3 月卒業
新潟県・県立新潟江南高等学校出身
就職先:株式会社東北新社
テレビが好きで、業界に関係する企業で働きたいとずっと考えていました。就職先は、自分が感動したCMをつくった会社だと知ってエントリーしました。学内企業説明会にはほぼ毎回参加。まったく注目していなかった業界でも面白いと感じる企業があり、視野が広がるきっかけになりました。キャリア支援センターの方との個別面談は合計5 回。面接前の模擬面接は、本番前の緊張を解きほぐしてくれました。
to-top