トップ
武蔵の学び

トップ 就職・キャリア 武蔵大学のキャリア形成武蔵大学のキャリア形成

武蔵大学のキャリア形成

武蔵大学のキャリア形成

「自ら調べ自ら考える力ある人物」の育成
矢印をクリックすると詳細情報へリンクします。

「自ら調べ自ら考える力ある人物」の育成キャリア支援プログラムキャリアアップセミナーライフマネジメントとキャリアデザイン単位制インターンシップゼミ・指導教授

4年間を通じて体系的に行われるキャリア教育
武蔵大学では、1年次から履修可能な総合科目に「ライフマネジメントとキャリアデザイン」を設け、大学時代に学んだ成果が、そのままキャリア形成につながるよう支援を行っています。また、全学部を対象とした単位制インターンシップも授業に取り入れています。

少人数教育を生かした、きめ細やかな指導
武蔵大学の少人数教育によるきめ細やかな指導は、キャリア形成においても実践されています。就職活動を含むキャリア教育や外国語教育、資格取得、留学など、学生ひとりひとりのキャリアに沿って、教員や職員は、顔を見ながら個別に的確な指導や支援を行っています。

充実したサポート体制
武蔵大学では、キャリアカウンセラーの有資格者や研修修了者など、経験豊富な相談員約10名による、きめ細やかな就職サポートを行っています。3年生後期には全員と面談の機会を設け、今後のキャリアについて方向性を確認し、いつどのような支援が必要か等について、個別に計画を立てていきます。

キャリア支援事業の取り組み

学生就活サポーターと新就職システム構築による支援体制の強化

本学のキャリア支援の取組が、文部科学省「平成21年度学生支援推進プログラム」(就職支援の強化など総合的な学生支援)に採択されました。

これは、学士力の確保や教育力向上のための取組の中から、達成目標を明確にした効果が見込まれる取組について、文部科学省が公募し、採択されたものです。
学生のみなさんにとってより納得できる進路選択及び就職活動に臨むための自立を促し、学士力並びに社会人としての基本的資質向上を目指します。

本事業は、学生支援推進プログラムとしては、平成23年度に終了となりましたが、その支援体制は平成24年度以降も継続しています。

取組の概要
以下の2点を本取組の中心として4年間の一貫したキャリア教育充実を図り、建学の理念のひとつである「自ら調べ考える力ある人物」の育成、発展を目指します。

(1)早期段階からのキャリア形成への意識付けを狙い、1・2年生支援プログラムの充実を図ります。また、就職活動を終えた4年生が「就活サポーター」としてキャリア支援センターに常駐し、在学生の相談に対応することで相談体制の強化を狙います。

(2)学内共通データベースを利用した就職システムを導入します。相談内容、支援プログラムの結果などを広く情報共有し、学生のみなさんひとりひとりへのより効果的な教育を実現することを目指します。

この取組を通して、学生のキャリア形成への早期からの意識付けと就業力向上を目指します。更に、就活サポーター自身は、指導者の立場を経験することで、学校や後輩への貢献と自信を持った社会人への教育力を高めることにつながります。
to-top