トップ
武蔵の学び

トップ 学生生活 学生生活の支援奨学金・教育ローン

奨学金・教育ローン

奨学金制度

学ぶ意欲を応援する、奨学金制度

武蔵大学では、学生の学びたいという強い意欲に応えるため、オリジナルの奨学金を多数用意しています。

武蔵大学では次の奨学金を取り扱っています。
●申し込み手続き等の詳細は、「奨学金ガイド」でご確認ください。「奨学金ガイド」は4月の奨学金ガイダンスで配布します。また、学生生活課前奨学金掲示板を常に確認してください。
●奨学金希望者は、4月の奨学金ガイダンスに必ず出席してください。

奨学金のタイプ
(1)貸与:卒業後に返還する必要があります
(2)給付:奨学金として、勉学に役立て、返還の必要はありません

*武蔵大学学生国外留学奨学金の認定留学生(給付)は、平成25(2013)年度の入学生から対象外となります。
*武蔵大学新入生特別奨学金(給付)は、平成28(2016)年度の入学生から対象外となります。

武蔵大学オリジナル奨学金制度  *給付とは返還不要の奨学金のことです。

経済的援助を目的とした奨学金

●武蔵大学提携教育ローン金利援助奨学金
本学が指定する信販会社より、学費等納付を目的として提携教育ローンを借用した学生に対し、ローン金利の援助給付を通じて経済的支援を目的とする制度です。
お問い合わせ先 学生生活課(10号館1階)
種別応募条件等人数金額
給付提携教育ローンを借用して学納金を納付し、当該年度中にその利息を支払った者約50名当該年度末残高に奨学金掛け率*を掛けた金額(千円未満切り捨て、上限5万円)
 *提携ローン利子率に0.75を掛けたもの
*平成29年度より以下の通り変更となります。
奨学金の額は、当該年度末残高に奨学金掛け率(募集期間最終日の提携教育ローン利子率から募集期間最終日の日本政策金融公庫の「国の教育ローン」利子率を引いたもの)を掛けた金額とする。ただし、千円未満は切り捨てる。
●武蔵大学給付奨学金
本学の学部学生に対し、奨学金の給付を通じて勉学を助成し、人材の育成に資することを目的とする制度です。家計急変者を対象とした奨学金で、随時募集を行っています。
お問い合わせ先 学生生活課(10号館1階)
種別応募条件等人数金額
給付成績・人物優秀で経済的援助の必要な家計急変者10名前学期10万円
後学期10万円
(1年間・再出願可)

学業奨励を目的とした奨学金

●武蔵大学特別奨学金
武蔵大学特別奨学生制度は、学業成績に優れ、かつ、人物優秀な学生を対象とした給付奨学金制度で、学業を奨励し、優れた人材の育成に資することを目的としています。
お問い合わせ先 学生生活課(10号館1階)
種別応募条件等人数金額
給付2年次生から4年次生までの成績・人物優秀者 87名年額24万円

*平成29年度より以下の通り変更となります。
給付年額:24万円→12万円
●武蔵大学学生国外留学奨学金
協定留学生として認められた者に対しては、申請により奨学金を給付する制度があります。
お問い合わせ先 学生生活課(10号館1階)
種別応募条件等人数金額
給付協定留学生 30名程度年間授業料相当額(限度額)

*1年間留学の場合、本学の授業料相当額の2分の1を限度に奨学金を給付。留学先の授業料が本学の授業料を超える場合は、本学の授業料の2分の1を上限として、その差額分をさらに給付する。
セメスター留学(1学期)の協定留学生には、1年留学の場合の奨学金の2分の1を限度とする奨学金が給付されます。
**政府または民間団体等の留学を目的とする奨学金を受給する場合は、武蔵大学の奨学金を重複受給することはできません。
本大学の学生は、留学する年度も通常通り武蔵大学に学費を納めます。留学先大学の授業料に関しては、免除されるところと納める必要があるところとがあり、 協定校別に定められています。ただし、いずれの場合も滞在費、食費などは自己負担です。留学先大学の寮費等については、通常現地到着後に直接留学先大学から学生宛に請求書が送付されますので、定められた期日までに留学先大学に支払います。
●研究奨励鈴木賞
「鈴木武雄先生(元武蔵大学長)記念会」からの寄付金をもって武蔵大学の学部生の研究奨励のための基金が設けられています。毎年度10月末日を締め切りとして論文を募集しており、一定の学術水準を保ち、かつ独創性に富むものには、賞金として10万円が授与されます。
お問い合わせ先 大学庶務課(8号館1階)
種別応募条件等人数金額
給付一定の学術基準を保ち、独創性に富む論文を提出した者1名年額10万円

地方学生の奨励を目的とした奨学金

●武蔵大学地方学生奨励奨学金
武蔵大学地方学生奨励奨学金制度は、地方出身学部学生に対し、学業を奨励し、経済的支援および地方との連携を強化し、優れた人材の育成に資することを目的としています。
お問い合わせ先 学生生活課(10号館1階)
種別応募条件等人数金額
給付地方出身者で2年次生から4年次生までの成績・人物優秀者各学年15名年額10万円

本学教育理念の実践および課外活動の奨励を目的とした奨学金

●武蔵大学学生海外研修奨学金
[グローバル・インターンシップ(GI)プログラムを含む]

本学の国際交流の一環をなすものであり、専門的および一般的知識の習得ならびに国際的視野をひろめるために、独自のテーマについて海外研修を希望する学生に対して大学が一定の奨学金を給付し、研修効果の向上に寄与することを目的とする制度です。
お問い合わせ先 学生生活課(10号館1階)
種別応募条件等人数金額
給付知識の習得と国際的視野を広げたい2年次生から4年次生5名 30万円(限度額)
●武蔵大学課外活動奨励奨学金
奨学金の給付を通じて本学の教育理念を実践する課外活動を奨励し、活力のある優れた人材の育成を図ることを目的とする制度です。
お問い合わせ先 学生生活課(10号館1階)
種別応募条件等件数金額
給付 A.大学に公認されている課外活動団体の構成員であって、課外活動において国際的活躍・交流を企画し実践する者2件年額20万円(限度額)
B.自主的な研究活動または社会貢献活動等を企画し実践した個人 20件年額5万円(限度額)
C.大学に公認されている課外活動団体の構成員であって、課外活動において顕著な活躍が認められる者 10件年額5~30万円

その他の奨学金制度

●日本学生支援機構奨学金
教育の機会均等に寄与するため学資の貸与その他学生等の修学補助を行うこと等により、次代の社会を担う豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成に資することを目的とし、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与されます。春に募集を行う在学採用と随時募集を行っている家計急変採用があり、無利子と有利子の二種類があります。
→日本学生支援機構奨学金
種別応募条件等人数金額
貸与第一種(無利子)経済的援助の必要な成績・人物優秀者 53名月額3万円・5万4千円(4年間)[自宅]
月額3万円・6万4千円(4年間)[自宅外]
第二種(無利子)経済的援助の必要な者 58名月額3・5・8・10・12万円より選択
*日本学生支援機構は2015年度の定期採用者数です。採用者数は毎年変わります。
*本学での日本学生支援機構奨学金学生数:のべ1,356名(2015年8月現在)
●地方公共団体およびその他の奨学金一覧
各種奨学金は募集の通知があり次第、学生生活課掲示板でお知らせいたします。募集する団体によって対象者、金額や形態(貸与か給付型か)など内容は異なります。他の奨学金の併給の有無など詳しい内容に関しては募集案内で確認してください。希望者は学生生活課窓口に申し出てください。
お問い合わせ先 学生生活課(10号館1階)
給付奨学金
奨学金名または団体名奨学金月額
コカ・コーラ教育・環境財団奨学生1万5千円
守谷育英会 10万円
玉野教育基金3万円
貸与奨学金
奨学金名または団体名奨学金月額
あしなが育英会4万円
茨城県奨学資金自宅: 3万6千円  自宅外: 4万円
福井県奨学生6万円1千円
石川県育英資金4万4千円
高山村奨学生5万円
大田区奨学金4万4千円
交通遺児育英会6万円
*2014年度、2015年度に採用実績のある奨学金。

教育ローン

奨学金のほかに、金融機関の教育ローンがあります。代表的な「国の教育ローン(日本政策金融公庫)」のほか、本学提携教育ローン、その他金融機関の教育ローンがあります。お問い合わせ・お申込みは直接各金融機関へお願いします。本学提携教育ローンの場合、提携機関の一般申し込みに比べ金利が優遇されています。提携金融機関詳細は学生生活課窓口にご相談ください。

本学提携教育ローン取扱金融機関

株式会社オリエントコーポレーション

株式会社ジャックス

株式会社セディナ


 *本学提携教育ローンは本学入学後からご利用いただけます。
  尚、WEBにて事前審査が出来ます。
  WEB申し込みサイトは、学生生活課へお問い合わせください。


日本政策金融公庫 国民生活事業「国の教育ローン」

本学に入学時・在学中にかかる費用を対象とした公的な融資制度です。学生お1人につき350万円以内を固定金利で利用でき、在学期間内は利息のみのご返済とすることができます。詳しくは日本政策金融公庫ホームページをご参照ください。
→日本政策金融公庫


その他金融機関

中央労働金庫、その他銀行等 
お気軽にお問い合わせください
武蔵大学学生支援センター学生生活課
〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
TEL:03-5984-3722
Email:stn@sec.musachi.ac.jp
to-top