トップ
武蔵の学び

トップ 入試情報入試に関するQ&A_01

入試に関するQ&A

2018年度 入試全般について

大学見学はできますか?
はい。いつでも自由に見学できます。入試課職員による個別相談及びキャンパス案内を希望される方は、事前に入試課へ連絡の上、平日9時00分~16時40分の間に来学してください。また、オープンキャンパスでは、在学生によるキャンパスツアーも行っています。
資料請求をしたいです。
大学案内(入試ガイド)、一般入試問題集はこちらから請求してください。なお一般選抜入試(一般方式/センター方式)はWeb出願のため、紙の願書はありません。10月下旬より入学試験要項(冊子)の請求ができます。その他の入試については入試課(03-5984-3715)に直接お電話頂くか、お問合せフォームよりご連絡ください。
どのような入試方式がありますか?
武蔵大学の一般選抜入試は、全学部統一2科目型、全学部統一グローバル型、個別学部併願3科目型、センター試験利用入試(センター方式前期日程及び後期日程)の5つです。その他、指定校制推薦入学、特別選抜入試、AO入試、帰国生徒対象入試、社会人入試、外国人学生特別入試、編入学・転入学・学士入学試験があります。
→入試概要
地方での受験会場はありますか?
すべての入試の試験会場は、武蔵大学(江古田キャンパス)のみです。
遠方に住んでいるのですが、受験時の宿泊先は紹介してもらえますか?
武蔵学園生活協同組合(TEL:03-3994-2363)で受験者向けの宿泊先を紹介しています。

2018年度 一般方式入試について

「全学部統一2科目型」「全学部統一グローバル型」「個別学部併願3科目型」とはどういう入試ですか?
「全学部統一2科目型」とは、全学部で同一の試験問題(「英語」「選択」「国語」のうち得意な2科目)を受験する入試です。1回の試験ですべての学部学科に出願することが可能です。
「全学部統一グローバル型」は、各学部学科が指定する英語資格・検定試験(4技能)の基準を満たした上で、「選択」「国語」のうち得意な1科目で受験することができ、1回の試験ですべての学部学科に出願することが可能です。なお「全学部統一2科目型」と「全学部統一グローバル型」は併願できません。
これに対し「個別学部併願3科目型」は学科ごとに個別に試験日が設定された3科目入試です。同じ日に試験を行う学科は同一の試験問題で実施します。
「全学部統一2科目型」又は「全学部統一グローバル型」と、「個別学部併願3科目型」を併願することで志望学科を複数回受験することができます。
一般方式入試とセンター方式入試を併願することはできますか?
併願可能です。試験日の異なる入試はすべて併願可能です。
どのような出願方法ですか?
Web出願のみです。詳細は12月頃、本学Webサイトに掲載いたします。
調査書の取り扱いはどうなっていますか?
参考資料として取り扱っています。
複数の入試方式・複数の学科に出願する場合、調査書は試験ごとに必要ですか?
複数の方式・学科に同時に出願する場合は、調査書は1枚で構いません。ただし、一度、出願書類を送付後、追加で出願する際は、新たにWeb志願票と調査書が必要になります。
複数の入試方式・複数の学科に出願した場合、入学検定料の割引はありますか?
【全学部統一2科目・全学部統一グローバル型】
同一学部内であれば、35,000円で全ての学科に出願できます。2学部以上に出願する場合、2学部目以降の検定料は1学部につき10,000円になります(必ず1回のWeb出願で出願を完了してください)。
 
【個別学部併願3科目型】
各試験日において同一学部内であれば、35,000円で複数の学科に併願が可能です。他学部の学科に併願する場合、検定料は学部数が1つ増えるごとに10,000円になります(必ず1回のWeb出願で出願を完了してください)。
出願状況を知ることはできますか?
はい。出願期間中、本学Webサイトから確認できます。
出願書類を持参してもいいですか?
いずれの入試も出願書類は郵送のみ受け付けます。ただし、2018年1月27日(土)は入試課窓口で持参による受付を行います。【受付時間 午前9:00~午後1:00】
「全学部統一2科目型」「全学部統一グローバル型」「「個別学部併願3科目型」では出題傾向は同じですか?入試問題の傾向を教えてください。
いずれの入試も、基礎的な問題を重視したマークシート方式の解答です。出題傾向については、「入試の傾向と対策」を参考にしてください。
入試対策は何を行えばよいですか?
出題傾向をつかむには、過去問題を解くことが第一です。基礎的な問題を重視しますので、大学入試センター試験を念頭においた試験対策も効果的です。
過去問題集はありますか?
はい。一般方式入試の過去問題はオープンキャンパス時に無料配付しています。その他、本学Webサイト(資料請求ページ)から請求できます。解答もついていますので、傾向をつかむためには、必ず一度は目を通しておくとよいでしょう。
基準点(足切り点)について教えてください。
各科目に基準点は設けていません。受験科目の合計点で合否を判定しています。
「全学部統一2科目型」は、出願時に受験科目を申告する必要がありますか?また、3教科受験した場合は、どのように合否判定が行われるのですか?
出願時に申告する必要はありません。試験場で選択してください。また、3教科受験した場合は、高得点の2教科を合否判定に使用します。
「全学部統一グローバル型」は、出願時に受験科目を申告する必要がありますか?また、2教科受験した場合は、どのように合否判定が行われるのですか?
出願時に申告する必要はありません。試験場で選択してください。また、2教科受験した場合は、高得点の1教科を合否判定に使用します。
「個別学部併願3科目型」の選択科目は出願時に申告する必要がありますか?
出願時に申告する必要はありません。試験場で選択してください。
選択科目で有利な科目はあるのでしょうか?
選択科目の間で有利不利が生じないように、各科目によって平均点の差が大きく開いた場合は、独自の計算方法により得点調整を行っています。
「国語」に、古文・漢文は出題されるのでしょうか?
漢文は出題されません。古文については選択問題となります。
「英語」に、リスニングは含まれるのでしょうか?
含まれません。

全学部統一グローバル型についてのよくある質問

全学部統一グローバル型と全学部統一2科目型は併願できますか?
できません。個別学部併願3科目型、センター方式(前期日程)、センター方式(後期日程)とは併願できます。
合否判定には、英語資格・検定試験のスコアや級は影響しますか?
出願資格に必要な条件ですので、スコアや取得級が合否に影響することはありません。また、英語資格・検定試験間での有利、不利はありません。
英語資格・検定試験は、異なる実施回の各技能(Reading,Listening,Writing,Speaking)のスコアを組み合わせて出願することはできますか?
できません。TOEIC® L&RとTOEIC® S&Wについては、それぞれ同一実施回のスコアを合わせて出願してください。
TOEICで団体特別受験制度(IPテスト)のスコアは利用できますか?
できません。
TEAP CBTのスコアは利用できますか?
できません。

2018年度 センター方式入試について

一般方式入試とセンター方式入試を併願することはできますか?
併願可能です。センター方式入試は、全ての学部・学科に併願可能です。
どのような出願方法ですか?
Web出願のみです。詳細は12月頃、本学Webサイトに掲載いたします。
調査書の取り扱いはどうなっていますか?
参考資料として取り扱っています。
複数の入試方式・複数の学科に出願する場合、調査書は試験ごとに必要ですか?
複数の方式・学科に同時に出願する場合は、調査書は1枚で構いません。ただし、一度、出願書類を送付後、追加で出願する際は、新たにWeb志願票と調査書が必要になります。
複数の入試方式・複数の学科に出願した場合、入学検定料の割引はありますか?
一般方式入試と同時出願した場合に限り、学部・学科に関係なく1学科につき5,000円になります(後期日程には割引制度がありません)。一般方式入試(前期日程)とセンター方式入試を分けて出願した場合は、割引の適用になりませんのでご注意ください。
出願状況を知ることはできますか?
はい。出願期間中、本学Webサイトから確認できます。
出願書類を持参してもいいですか?
いずれの入試も出願書類は郵送のみ受け付けます。ただし、センター方式入試(後期日程)は2018年3月3日(土)に入試課窓口で持参による受付を行います。【受付時間 午前9:00~午後1:00】
大学入試センター試験の成績のみで合否は判定されるのですか?
はい。個別試験は課しません。
センター試験の選択科目を2科目以上受験した場合、事前に科目を申告するのでしょうか?
特に必要はありません。2科目以上受験した場合は、高得点の科目を合否判定に使用します。
「英語」にリスニングテストの点数は含まれますか?
「英語」は、筆記試験(200点満点)の得点と、筆記試験とリスニングテスト(計250点満点)の合計得点を本学配点に換算し、いずれか高い方の得点を合否判定に使用します。
「国語」に、古文と漢文は含まれますか?
日本・東アジア文化学科以外の学科は、【近代以降の文章】(100点満点)の得点と、【近代以降の文章と古文】(150点満点)の得点を本学配点に換算し、いずれか高い方の得点を合否判定に使用します。古文は必須ではありません。
日本・東アジア文化学科は、【近代以降の文章と古文】(150点満点)の得点と、【近代以降の文章と漢文】(150点満点)の得点のいずれか高い方の得点を本学配点に換算します。
to-top