トップ
武蔵の学び

ニュース一覧12/17(木)メディア社会学科・永田ゼミ生によるドキュメンタリー作品上映会

2015.12.4

武蔵大学

社会学部

イベント

12/17(木)メディア社会学科・永田ゼミ生によるドキュメンタリー作品上映会

今年も社会学部メディア社会学科・永田浩三ゼミによるドキュメンタリー作品上映会を開催します。
入場無料・予約不要です。どなたでもご覧いただけますので、ぜひお越しください。
会場には、映像制作の専門家をお招きし、作品の合評も行います。

■日時: 2015年12月17日(木) 16:30~18:30(途中休憩あり) 
■場所: 武蔵大学 1号館2階1201教室

【永田ゼミドキュメンタリー番組上映会】
1.『一歩一歩~認知症のひととともに生きる』
 
・・・認知症のひとの行方不明は年間1万人。家族の苦悩と行方不明をなくす取り組みの現場をていねいに見つめた。
2.『声をあげる~若者と政治2015夏~』
 
・・・若者は本当に政治に関心がないのか。この夏、国会前・渋谷・杉並にさまざまな若者の姿を追った。
3.『笑顔を 支えたい~日大ニ高チアダンス部~』
 
・・・去年全国優勝を果たした日大二高チアダンス部。新しい部長のもとでのこの夏の格闘。
4.『埋もれた時限爆弾~さいたまアスベスト被害』
 
・・・半世紀経って牙をむくアスベストの深刻な被害。新たな事態をさいたまに追い、国が推進した責任を問う。
5.『笑ってもらうってむずかしい』
 
・・・新たな笑いをつくりだそうともがき続ける若者2人に密着。笑うことが、いかに奥が深いかを発見する。
6.『刻まれゆく想い~悲劇の犠牲者へ~』
 
・・・戦後70年。陶芸作家・関谷興仁さんは、妻で詩人の石川逸子さんともに、戦争の犠牲者を悼む作品を作り続ける。


社会学部メディア社会学科教授 永田浩三
to-top