トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 教職課程先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

卒業生1

代島 克信 さん
人文学部 日本文化学科 1980年3月卒業

勤務先埼玉県 熊谷市立中学校 国語教諭

教員になったきっかけ

小学校のときから教員になりたいと思っていました。中学3年のときに、いろいろと悩みがあって高校受験に身が入らないという経験をしました。そこで、中学生が悩みを持ったときに相談できるような先生になりたいと思ったのがきっかけです。授業中、いろいろなことを生徒と語り合える教科として国語の教員を目指し、武蔵大学の人文学部に入学しました。

教員としてのやりがい

自分が十分に授業の準備をして、授業を行い、その結果生徒が「よくわかった」、「満足した」という表情を見せてくれたり、そういう声を聞いたりしたときにやりがいを感じます。
また、学年が変わるときや、卒業生を送り出し、生徒から言葉やメッセージをもらったときは「大変だったけれどもここまでやってきてよかったな」と思う瞬間です。また、大人になり立派になった卒業生と再会し、生徒と先生という立場でなく、いろいろ話ができる、そういったときにやりがいを感じます。(談)

卒業生3

岡村 恵実 さん
人文学部 日本・東アジア比較文化学科 2012年3月卒業

勤務先埼玉県 所沢市立中学校 国語教諭

教員になったきっかけ

中学生の頃から教員という職業に興味があり、武蔵大学では教職課程を履修しました。武蔵大学を選んだのは、日本文化など大学で学んだことを授業の中で活かせるため、学ぶ意義を見いだせるというところもポイントでした。
教職課程で斡旋してもらったボランティア等で子どもたちと触れ合う中で、自分が教えるだけでなく子どもから学ぶことも多く、一緒に成長できることに魅力を感じ、教員を目指すことを決意しました。

教員としてのやりがい

子ども一人ひとりによって学力、考え方、境遇はさまざまです。そのため、教科指導や、その他の場面において「この子にはどうすれば伝わるかな」と日々、試行錯誤しています。大変なこともありますが、子どもとともに喜んだり、悩んだり、悲しんだり、楽しんだりと、感動を味わえる仕事で、やりがいを感じています。(談)

卒業生2

北村 優果 さん
人文学部 ヨーロッパ比較文化学科 2012年3月卒業

勤務先私立女子中学・高等学校 英語教諭

教員になったきっかけ

もともと教育には興味があり、子どもと関われる職業につきたいと思っていました。4年生の教育実習までは企業に就職活動をしていたのですが、やはり人のために尽くす仕事をしたいと考え、教員になることを決意しました。

教員としてのやりがい

生徒にしてあげたり教えてあげたりすると、すぐにそのことに対する反応が返ってくるので、わかってくれたり喜んでくれたりするととても嬉しいです。自分のアイデア次第でこの生徒にはこう接してあげようとか、この生徒にはこうしてあげようということをその場で考えてすぐアクションに移せる点もこの仕事ならではだと思います。

武蔵大学教職課程の強み

教える教科とは別に専門を持っていることが強みだと授業で教わりました。ヨーロッパ比較文化学科で学んだ観点から物事を語ることができること、教育を中心に学んだ人とは違う観点から考え生徒に接することができることが強みだと思います。(談)

山本先生

山本 拓郎 さん
社会学部 社会学科 2006年3月卒業

勤務先東京都 墨田区立小学校 教諭

小学校の先生を目指すきっかけ

大学時代、小さい時にお世話になっていた青山の「こどもの城」でボランティア活動をし、子どもたちと寝食を共にするキャンプに参加したり、子どもが達成感を得ることのできるゲームを企画しました。また、武蔵大学と連携する練馬区の小学校で支援員として活動し、子どもの勉強のわからない部分を一緒に考えたり、教えるという経験をしました。そうした活動をしていく中で、子どもの気持ちに寄り添い、成長を手助けできることがとても嬉しかったことを憶えています。
こうした経験を通じて、子ども達の成長に携わる仕事に就きたいと考えるようになりました。子どもが学習する上で大事な基盤となる「楽しい!」「もっと知りたい!」という気持ちを育むことのできる小学校で働きたいと考え、小学校の教師を志すようになりました。

教職課程の良いところ

武蔵大学の教職課程では指導法だけでなく、教師になる上での心構えや子どもを取り巻く環境等多くのことを学びました。とくに教職入門セミナーで「学ぶことは 心に誠実を刻むこと 教えることは 共に希望を語ること」というルイ・アラゴンの言葉を教えていただき、子どもと共に成長していく教師という仕事のやりがいに気づくことができました。
また、武蔵大学の教職課程は少人数の授業や演習が多いため、同じ志をもつ仲間がたくさんできました。学生時代はたくさん話をし、刺激を受けたことを憶えています。卒業してしばらく経ちますが、今でも当時の仲間とは会っています。先生方とも話す機会が多く、公私にわたりお世話になりました。こうした人との絆ができたことも教職課程の魅力だと思います。(談)
お問い合わせ先
武蔵大学 教職課程
〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1 武蔵大学8号館4F
開室時間 平日9:00~16:40
TEL:03-5984-3729

お問い合わせ

to-top