トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 経済学部経済学部の教育方針

経済学部の教育方針

経済学部が目ざすのは、経済・経営・金融の3分野における専門教育を通じて、建学の精神の「自ら調べ、自ら考える」ことを実践し、現代の経済社会が直面している様々な課題の解決に取り組む力と意欲に満ちた人材を養成することである。そのために、経済社会に関する総体的知識及び専門的知識と応用力を修得できるような、教育プログラムを立案し、実施している。確固とした専門的知識と応用力の修得を軸としつつ、現代社会を生きるために必要不可欠な幅広い教養と良識を培うことによって、本学部は学部学生に対して、自立的な個人として主体的に思考し、かつ社会的責任を自覚して適切な判断や意思決定を行いうる能力の涵養をはかっている。

(1) 経済学科
経済学科においては、経済的な仕組みに関わる理論的枠組や歴史的知識をまず身につけ、さらに応用的諸分野について全般的に学ぶことによって、グローバルに関連する経済の実態と課題を理解できる人材の養成を目ざしている。ゼミナールを軸とする実践教育は、専門的知識を用いて種々の課題を解決する方法を修得する場であり、それによって本学科は企業や公共団体において能動的に働く人材の養成をはかっている。なお本学科は留学希望者を積極的に支援し、ビジネス等の現場で国際人として力を発揮しうる人材を育てることにも力を注いでいる。

(2) 経営学科
経営学科においては、経済的生産活動の中心をなす企業に関する基本的知識を身につけ、企業経営、会計、経営情報の各分野における専門的知識を身につけた人材の養成を目ざしている。ゼミナールに代表される実践教育は、経営学の分野に関する専門的知識を裏づけとした主体的思考力と実践的な課題解決能力の涵養をはかろうとするものである。これによって、ビジネスの現場で活躍できる人材、将来において起業を志す人材、その他NPO等様々な組織で活動できる人材の育成をはかっている。

(3) 金融学科
金融学科においては、まず経済現象に関する理論と現実の経済活動について学び、現代経済においてますます重要性を高めている金融・ファイナンスの専門的知識を修得し、金融機関の運営や企業のファイナンス業務において能力を発揮しうる人材の育成を目ざしている。本学科のゼミナールは、金融の現実を体験的に把握し、理論的見通しや総合的判断を実践に移す力を身につけさせるためにある。なお本学科では、証券アナリスト等、金融分野の専門家を志す学生を対象として、そのためにとくに必要な専門的知識と能力を得させるための指導も行っている。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

経済学部は、的確な専門知識と豊かな人間形成の基本となる幅広い教養を育むための以下の目標を達成し、卒業必要単位124単位を修得した学生に学士(経済)の学位を授与している。
  • 全学共通の総合科目を通じ、自然科学、人文科学、社会科学の広範な教養を身につけ、実社会での様々な仕事に対応し得る基礎的な知識、経験等を深めること。
  • 必修外国語科目の習熟度が目標の水準に達していること。
  • 教養ゼミナール、プレ専門ゼミナールにおいて、自ら調べ自ら考える能動的な学習態度を身につけること。
  • 所属するコースの必修科目及び選択科目の履修を通じ、コースが掲げる学問分野の基本的知識を修得すること。
  • 専門ゼミナールにおいて、研究課題について主体的に調べ分析するだけでなく、その研究成果を他者に分かり易く伝えるプレゼンテーション能力と体系的にまとめる論文作成能力を身につけること。
  • 経済学科にあっては、複雑な経済現象を抽象化し客観的に分析する訓練を受け、広い視野から総合的に経済の仕組みを理解する力を身につけること。
  • 経営学科にあっては、経営に関する諸問題の具体的分析手法を学び、実社会で役立つ実践力を身につけること。
  • 金融学科にあっては、金融に関わる具体的諸問題を客観的に分析する訓練を受け、実社会で役立つ実践力を身につけること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経済学部のカリキュラム・ポリシーは、4年間全員が履修するゼミナールによる徹底した少人数教育と、それを補完し、さらに応用発展させた講義科目群からなる教育課程により、経済学、経営学、金融学の理論と実践に必要な分析手法を修得するだけでなく、能動的な学習姿勢を身につけることにより、社会で活躍しうる総合的な能力を備えた人物の育成を目ざしている。
  • 経済学部で提供される科目群は、総合科目、外国語科目及び専門科目に大別される。総合科目は総合的教養を身につけるための科目である。外国語科目は諸外国の歴史と文化を学び、海外の人々と円滑なコミュニケーションをとることのできる能力を身につけさせるための科目である。
  • 1年次の専門科目は、必修科目であるゼミナール及び各学科に関わる専門的科目群(経済学、経営学並びに金融学)からなる。特に1年次のゼミナールは、2年次から始まる専門教育の基礎を学ぶだけでなく、武蔵大学の教育目標である「自ら調べ自ら考える」という主体的学習姿勢を身につけるための入門ゼミとして、文献の調べ方、レポートの書き方、及びプレゼンテーションの方法等を、少人数教育の利点を生かしてきめ細く指導する。
  • 2年次からは、体系的に専門分野を理解するために各学科が所管する7つのコースが設定されている。経済学科は「国際経済・経営コース」と「経済学と現代経済コース」の2コースを、経営学科は「ビジネスコース」と「ビジネスデザインコース」及び「企業会計コース」の3コース、金融学科は「金融コース」と「証券アナリストコース」の2コースを設定している。
  • 各コースでは、基礎から応用まで、難易度に応じて卒業時までに修得すべき必修科目群と選択科目群が提供されている。なお、経済学部の学生は学科の垣根をこえてコースを自由に選択することが可能であり、コースを選択すると同時に、学科に関わらずコース所属の専門ゼミナールを2年次以降履修することで、コースの専門分野について理論的思考訓練と実践的分析手法の修得の両面から、問題解決能力を身につけることを目ざしている。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

経済学部全体及び入学希望学科の人材養成の目的と教育内容をよく理解し、これを学ぼうとする明確な意志をもっていることが入学者受け入れの基本的な条件である。また、高等学校等までの学習に真剣に取り組み、本学部で学ぶのに必要な学習態度と学習習慣を身につけていることも重要である。本学部への入学希望者には、高等学校等までの学習に真剣に取り組んだ成果として、英語・国語・地理・歴史・数学等の学力を有し、これが本学部で学びうる一定の水準に達していることが求められる。経済学ないし経済分野への関心が強く、マスメディア等の経済関係の報道等にも興味をもって接する人を歓迎する。ただし、高等学校で学ぶ範囲を超えた経済学の専門的知識は必要としない。なお経済学部においては、ゼミナール等を通じて主体的な思考力と実践力を育てる教育を行うので、こうした学習に積極的に参加する意欲が強く求められる。また本学部では、集団・組織活動における規律と協調とリーダーシップを重視している。

(1) 経済学科
勉学意欲と基礎的な学力を備え、内外の現代的問題とくに経済の動向や財政問題に強い関心のある人を広く受け入れる。日本と世界の経済の歩みを歴史的にとらえることに関心のある人も求めている。

(2) 経営学科
勉学に取り組む真剣な態度と基礎的な学力を備え、日本及び世界各国の現代的諸問題とくに企業の動向や経営のあり方に強い関心のある人を広く受け入れる。また、経営学と結びついた情報コミュニケーション技術や情報教育に強い関心のある人も求めている。

(3) 金融学科
真剣に学業に取り組む姿勢と基礎的な学力を備え、現代の諸問題とくに金融・ファイナンスの分野に強い関心のある人を広く受け入れる。また、ファイナンス関係の知識と技能を身につけ、各種の資格を取得して卒業後の職業生活に生かしたいと願う人も求めている。
to-top